ゲラゲラわらう 日本のわらい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のわらい話 > シラミの質入れ
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のわらい話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のわらい話 第40話

シラミの質入れ

シラミの質入れ
山形県の民話

 むかしむかし、米沢(よねざわ→山形県南部の市)の近くの村に、佐兵(さへい)という、冗談(じょうだん)好きな男がいました。
 佐兵はびんぼうで着ているきものはボロばかり、そしてそのきものには、いつもシラミがたかっていました。
 ある時、お金が必要になったので、家の中で一番上等のきものを質屋(しちや)へ持っていきました。
 すると、質屋の番頭(ばんとう)が、
「おい、佐兵よ。お前のきものには、シラミもいっぱいたかっているぞ」
「うん。たしかにたかっているな。だが、お前さんの店では、《何でもお受けします》と書いてあるぞ」
「まあ、それはそうだが」
「そうだろう。それじゃあ、きものと一緒にシラミもあずかったと、質札(しちふだ→あずかったことを示す紙)にかいてくれよ」
「それはいいが、シラミの数は?」
「そうだな。五升(約9リットル)のシラミあずかったと、かいてくれ」
「へいへい」
 番頭がかいてわたすと、佐兵はだまってかえりました。
 そしてそれからいく日もしないで、佐兵はお金を持ってきものを引きとりにきました。
「たしかにきものは受け取ったが、でも、返してもらうものがまだたりねえぞ」
「なにがたりねって?」
「シラミ五升だ。質札にちゃんとかいてあるものだろう。そいつを返してもらわねえとな」
 シラミの事など冗談だと思っていたのですが、たしかに質札にかいて渡したのですから、返せと言われれば返さなくてはなりません。
 でもシラミを五升なんて、どこにもありません。
 番頭は、頭をかきながら、
「まったく、佐兵にはかなわんな」
と、シラミの代わりに酒代をやって、かんベんしてもらったということです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診