ゲラゲラわらう 日本のわらい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のわらい話 > お花とごんべえ
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のわらい話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のわらい話 第37話

お花とごんべえ
イラスト 「夢宮 愛」  運営サイト 「夢見る小さな部屋」


お花とごんべえ
福島県の民話福島県情報

♪朗読
TIME 5:34   朗読:目黒泉の活動のおと 「ごんべえ:大島良介 お花:目黒 泉」
BGM:フリー音楽素材 H/MIX GALLERY   効果音:TAM Music Factory

♪音声配信
ゲスト参加

 むかしむかし、ある村にお花というキツネと、こんベえというタヌキが住んでいました。
 二匹とも、化けるのがとても上手です。

お花とごんべえ

  ある日の事、お花とごんベえが、道でバッタリと出会いました。
 ごんべえは、わざとていねいに言いました。
「お花さんは化けるのがとても上手だそうだけど、おいらとどっちが上手かな?」

お花とごんべえ

「さあ? どっちが上手か、化け比べをしてみないとわかんないわ」
 それを聞いたとたん、ごんベえが腹を立てました。
「よし、そんならどっちが上手か、化け比べをしよう」
「いいわよ。明日の晩、お宮さんの境内(けいだい)へ来てちょうだい」
 お花はそれだけ言うと、帰っていきました。

お花とごんべえ

(女のくせに、なんてなまいきなキツネだ。見ていろ。かならず負かしてやる。・・・だが、何に化けたらいいのだろう?)
 ごんべえは何に化けたらお花に勝つか、一生懸命に考えました。
 何しろお花の化ける花嫁姿は、ごんべえもほれぼれするぐらいきれいで、いつも人間の娘さんと間違えてしまいます。
 それに化けるのが上手なごんべえでも、男なので花嫁姿にだけは化けることが出来ません。

 さて一方、キツネのお花はというと、

お花とごんべえ

「ごんべえったら、どうせわたしに勝てっこないのに。まあいいわ。もう二度と化け比べをしようなんか、言い出せないようにしてやる」
と、言って、何度も何度も花嫁姿に化ける練習をしました。

お花とごんべえ

  さて、いよいよ化け比べの夜になりました。
 お花はいつもの様に、花嫁姿に化けました。
 練習をしただけあって、本当に美しい花嫁姿です。

お花とごんべえ

 そしてお花は本物の花嫁みたいにはずかしそうにうつむきながら、お宮さんへ行きました。

お花とごんべえ

  ところが鳥居(とりい)をくぐろうとして、ふと下を見ると、ホカホカとゆげのたっているまんじゅうが落ちているではありませんか。

お花とごんべえ

 お花は思わず、つばを飲みました。

お花とごんべえ

 あたりを見回しましたが、ごんべえはまだ来ていないようです。

お花とごんべえ

(うふふ。今のうちだわ)
 お花は急いでまんじゅうを拾って、口の中へ入れようとしました。

お花とごんべえ

 そのとたん、まんじゅうがパッとタヌキに変わったのです。
「あははははは。いくら美しい花嫁に化けても、やっぱり食いしん坊のキツネだなあ」
「!!!」

お花とごんべえ

 恥ずかしくなったお花は花嫁姿に化けているのも忘れて、尻尾を出したまま逃げてしまいました。

おしまい

イラストレーターの夢宮 愛さんが、その後のお話しを描いています。
お気軽に、お立ち寄りください。

→ お花 ハッピーエンド編

→ 完全 ハッピーエンド編

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診