なみだがポロリ 日本の悲しい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の悲しい話 > かえってきたなきがら
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の悲しい話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


日本の悲しい話 第20話

オオカミ退治

かえってきたなきがら
京都府の民話

 むかしむかし、京の都のある屋敷(やしき)に、娘がくらしていました。
 父と母にかわいがられて育ちましたが、もう、二人とも死んでしまっていません。
 娘はお嫁にいくこともなく、屋敷をまもっていましたが、ある時、重い病気にかかって死んでしまいました。
 そこで親戚(しんせき)の人たちがお葬式(そうしき)をすることになって、娘のなきがらをひつぎにおさめて、さみしい野原に運んでいきました。
 その途中の事、ひつぎをかついでいた人たちが、
「おや? どうしたんだろう? 急にひつぎがかるくなったぞ。ちょっと、しらべてみよう」
と、いいだしました。
 ひつぎをおろしてみると、ふたがほんの少し開いています。
「あっ!」
 ふたを開けた人たちは、思わずビックリ。
 なんと、たしかにおさめたなきがらが、かげもかたちもありません。
「どこかに、落としてきてしまったのだろうか?」
「そんなはずはない。もし落とせば、すぐにわかるはずだ」
「とにかく、道をもどってみよう」
 親戚の人たちはひきかえしましたが、なきがらを見つける事はできません。
 すると、一人の男が、
「もしかしたら、あの屋敷に」
と、娘の屋敷へ出かけてみました。
 すると娘のなきがらが、もとのまま座敷のふとんに横たわっていたのです。
 男はおそろしくなって、親戚の人たちを呼びよせて相談しました。
「まったく、不思議な事だ。わけがわからん」
「いずれにしても、明日、あらためて野べ送りをしようではありませんか」
 こうして野べ送りは、あくる日やりなおされる事になりました。
 娘のなきがらは、ふたたびひつぎにおさめられ、しっかりとふたがされました。
「では、そろそろ運びましょう」
親戚の人たちがひつぎに手をかけようとすると、しっかりふさいだふたが、わずかに開きはじめたではありませんか。
親戚の人たちがあっけにとられていると、ふたはさらに開いて、娘のなきがらが立ちあがりました。
「あわわ!」
「・・・・・・!」
 親戚の人たちは、腰をぬかして口もきけません。
 ひつぎをぬけだしたなきがらは、もとの座敷のふとんによこたわりました。
「不気味な事だが、このままにしておくわけにはいくまい。もう一度、ひつぎにおさめよう」
 親戚の人たちはおそるおそる、なきがらをかかえあげようとしたのですが、まるで根をはやしたようにビクともしません。
 そのとき一人のおじいさんが、なきがらの耳もとにはなしかけました。
「そうか、そうか。この屋敷をはなれたくないというのだな。では、のぞみをかなえて床下にうめてあげよう」
 おじいさんはみんなをさしずして、床をはがしてもらい、穴をほりました。
 おじいさんがなきがらをだくと、今度はやすやすとだきあげられ、床下におろされました。
 親戚の人たちは土をもりあげて、つかをつくると、ホッとした顔でかえっていきました。
 やがて屋敷はとりこわされましたが、つかだけは、今でも残されているそうです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診