ゲラゲラわらう 日本のわらい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のわらい話 > けがの功名
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のわらい話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のわらい話 第10話

けがの功名

けがの功名
兵庫県の民話

 むかしむかし、ほうろく(→素焼きの土なべ)売りの男がいました。
 ある日の事、うす暗くなるころまで売り歩きましたが、今日は一つも売れません。
 疲れてトボトボと帰って来ると、道が下り坂になりかけた所に、一人の(さむらい)がねていました。
 強そうな侍でしたから、男はその前をおそるおそる、しのび足で通り過ぎました。
 ところが、男がそっとふり返って見ても、侍はそのままで、少しも動かないのです。
(こりゃおかしいぞ。ひょっとして、死んでいるのでは?)
 男はそう思って、また侍のねているそばまでもどってきて、よく見ました。
 やはり侍は、少しも身動きしません。
(これはいよいよ、死んでいるな。だが、確かめてみないことには)
 男はそばに落ちていた棒きれで、いきなり侍の頭にガツンと一発くらわすと、いちもくさんに逃げました。
 ですが侍が、男の後を追いかけては来ません。
 そこでまた戻ってきて、侍のふところに手を入れてみますと、侍の体が石のように冷たいのです。
(うん、まちがいない。死んでおる)
 男は侍のふところに手を入れたとき、指先にふれた侍の紙入れ(かみいれ→さいふ)を取り出して中を見ました。
 すると、お金がずしりと入っているではありませんか。
(おう、これは天のめぐみにちがいない。ありがたや)
 男は侍の紙入れをいただいて、いちもくさんに坂をかけおりて行きました。
 そして、また途中で立ちどまり、あたりのようすをうかがいましたが、だれも通りかかる人はいません。
 そこで男は、またまた動かないでいる侍の所にもどりました。
 そして侍の大小のをはじめ、身につけている羽織(はおり)や、はかまはもちろん、ふんどしだけを残してぜんぶ取ると、いちもくさんに家まで飛んで帰りました。
(さあ、おらはもう、ほうろく売りはやめたぞ。明日からは侍じゃ)
 さて、あくる朝、男はまだ暗いうちから起き出して侍の姿になり、せまい家の中で反り返ったり、せきばらいをしたりしていました。
 そして明るくなると、町に行ってみました。
 町の中央には大きな立てふだがあり、大きな字で何やら書いてありました。
 ほうろく売りの侍は朝から晩まで立ちつくして、その立てふだを見つめていましたが、もともと字というものを知りませんので、いつまでそうしていても読めないのです。
 そろそろ、人通りも少なくなるころ、
「そこのお侍さま、朝からなぜ、そのようにいつまでもお立ちかの」
と、一人の老人が、そばに来てたずねました。
「うむ、あの字がみごとなもので、つい見とれてしまったのじゃ」
 ほうろく売りはうまくごまかして、老人から立てふだに書いてあることを聞き出しました。
 老人の話によると、この町の金持ちの家に毎晩出るバケモノを退治してくれた人を、一人娘のむこにすると書いてあることがわかりました。
 ほうろく売りは、さっそくその金持ちの家に行って言いました。
「わしは、日本中を武者修行しておる。腕試しにと、立てふだを見てまいった」
 喜んだ金持ちは、ほうろく売りにたいへんごちそうして、二階の広い部屋にとめてくれました。
 さて、ほうろく売りが生まれて初めての、ふかふかのふとんに寝ころがっていると、広い部屋のかもいに、ヤリ、なぎなた、弓、鉄砲などの武器が、たくさんかけてあるのを見つけました。
 ほうろく売りには、どれもめずらしい物ばかりです。
 まず鉄砲をつかみ取って、あちこちいじっていると、
 ズドン!
と、いきなり鉄砲の玉が飛び出してしまいました。
「うわっ、しまった!」
 ほうろく売りがおろおろしていると、この家の番頭(ばんとう)が飛び込んできて言いました。
「お侍さま、まことにありがとうございました。たった今、押し入れからバケモノが出てきたので、お侍さまに報告しようとしていたところ、お侍さまがたったいま撃った鉄砲の玉で、バケモノがみごとにしとめられました」
「へえ、そうなの?」
「ありがとうございます。本当にありがとうございます」
 こうしてほうろく売りは、めでたく金持ちの一人娘のむこにおさまりました。
 さて、とてもすご腕の侍が金持ちの家のむこになったという評判(ひょうばん)が、たちまち町に広がりました。
 それで、遠くの村の百姓(ひゃくしょう)がたずねてきて、
「田畑をあらすバケモノが出てこまっているから、お侍さんの力で、なんとか退治してくだせい」
と、たのみました。
 ほうろく売りは、
(こわいから、いやだな)
と、思いましたが、評判の手前、行かないわけにはいきません。
 そこで、しぶしぶ承知(しょうち)しました。
 さて、ほうろく売りの嫁になった金持ちの娘は、このむこがどうにも気に入らなかったので、もう帰って来ないほうがよいと思い、弁当のにぎりめしに毒を入れておきました。
 さて、バケモノが出るという村に着くと、村人たちはボロボロの小屋にほうろく侍を案内して、日のくれないうちにみんな立ち去りました。
 真夜中になると、ゴー、ゴーと、気味の悪い音がして、なまぐさい風とともに、おそろしい二つの光が小屋に近づいて来ました。
 こわくなったほうろく侍は、思わず小屋を飛び出して、そばのカキの木にのぼると、ふんどしで体を木にくくりつけました。
 そしてそのまま木にしがみついてふるえていると、二つの光を持ったバケモノは、木の下までやって来ました。
 ほうろく侍がこわごわ下を見ると、バケモノの正体は大きなヘビで、二つの光はその目玉でした。
 ヘビはおそろしい口を開けて、今にもほうろく侍をひとのみにしようとしています。
 ほうろく侍は、自分もこれでおしまいだと思い、目をとじて、
「なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ」
と、となえました。
 ところがあまりガタガタとふるえたので、ふところに入れていた毒のにぎりめしがころがり出て、ヘビの口の中へ落ちたのです。
「ウギャーーー!」
 毒のにぎりめしをのみこんだヘビは、うめき声を上げながらバタバタとあばれましたが、やがて静かになりました。
 一晩中、木にしがみついていたほうろく侍が、明るくなってから下を見てみると、大きなヘビが死んでいます。
 それで木からおりると、死んだヘビの両目に、一本ずつ矢をさしておきました。
 しばらくしてやって来た村人たちは、両目をみごとに矢でいぬかれて死んでいるヘビを見て、
「さすがは、すご腕のお侍さまじゃ!」
と、口ぐちに感心してほめたたえました。
 この評判は、殿さまの耳にも入りました。
「そのような見事な腕前を持った者なら、わしの家来(けらい)にいたしたい」
と、言って、殿さまはウマに乗った五、六人の家来をさし向けました。
 ほうろく侍は、ウマなどに乗ったことがないので、一番後からウマのせなかにやっとしがみついて行きました。
 とちゅう川をわたるときに、家来たちはウマをうまくあやつり、上手に川をわたって行きましたが、ほうろく侍はすぐに川へ落ちてしまいました。
 それに気がついた家来たちがもどってみると、ほうろく侍は大きなコイを一匹、しっかりとつかんでいました。
 そして、
「けがは、ありませんか?」
と、心配して聞く家来たちに、
「初めてお目にかかるお殿さまに、なんの手みやげがのうてはまずい。ちょうど手ごろなコイが目についたもので、取りにおりたのじゃ」
と、答えましたので、家来たちはすっかり感心しました。
 こうしてほうろく侍は、殿さまにお目にかかりましたが、
「お主はすご腕と聞くが、わしのよりぬきの家来と目の前でたたかい、その剣術を見せてみよ」
と、言ったのです。
 ほうろく侍は、もちろん剣術など知りません。
「これは、いたくこまりもうした」
 なんとか逃げようと、いろいろと言い訳を考えましたが、もう間に合いません。
 バシッ、ビシッ、ガツン!
と、けらいたちにさんざんにうちたたかれました。
「たっ、助けてくれー!」
と、叫びながら、死にものぐるいになってにげ回っているうちに、ふと目がさめました。
「はっ、ここは?」

けがの功名

 実は今までの事は、みんな夢だったのです。
 仕事の時間だというのに、あんまりいつまでも寝ているものだから、奥さんがほうろく売りの頭をたたいていたのでした。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診