心があたたまる 日本の恩返し話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の恩返し話 > 鯛女房
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の恩返し話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


日本の恩返し話 第3話

鯛女房

鯛女房
佐賀県の民話

 むかしむかし、あるところに、一人者の漁師(りょうし)がいました。
 ある日の事。釣りしていた漁師が強い手ごたえを感じて釣り上げてみると、うろこがピカピカ輝く大きな赤ダイがつれました。
 手カギを入れて、血抜きをしようとすると、
「殺さないで!」
と、うったえるような声を感じたので、そのまま逃がしてやったのです。
 しばらくたったある日、漁師は人のすすめで、今まで見たこともないほど赤ら顔の女の人を女房(にょうぼう)にもらいました。
 その女房は料理が大変上手で、特にみそ汁やおすましなどは天下一の味です。
 あまりにもおいしいので、
「こんなにうまい料理ははじめてだ、どうやって作るんだ?」
と、聞いたのですが、女房はそれには答えず、はずかしそうに顔を赤らめて、
「男の人が、そんな事を気にするもんでねえ」
と、笑っていいました。
「まあ、たしかに」
 男はそう言いましたが、やっぱり気になり、翌朝、早起きして台所で料理を作る女房の姿をのぞき見ました。
「ほほう。今日はすましか。あれがなかなかにうまいんだ」
 女房の作るところをジッと見ていましたが、別に変わったところはありません。
「さて、いよいよ味付けだが、いったいどうやって。・・・なっ、なんと!」
 のぞいていた漁師はビックリ、なんと女房は、すましを入れたナベの上にまたがって、味付け代わりにシャーシャーとおしっこをしていたのです。
 漁師の声に、見られた事を知った女房は、全てを話しました。
「実は私は、あなたに命を助けてもらった赤ダイなのです。恩返しをしようと、こうしてやってきたのですが、正体を見られたからには、これ以上ここにいることは出来ません」
 そして、追いかける漁師を振りきって、岬(みさき)から海に飛び込んだのです。
 するとまもなく、海面に大きな赤ダイが現れて、なごりおしそうに男の姿を振り返りながら、波の中に消えていったという事です。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診