心がジーンとする 日本の感動話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の感動 > 米問屋のお礼
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の感動話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


日本の感動話 第9話

米問屋のお礼

米問屋のお礼
宮崎県の民話

 むかしむかし、ある海辺に、おじいさんとおばあさんと息子と嫁とが暮らしていました。
 おじいさんと息子は沖に出て魚をとり、おばあさんと嫁は機(はた)を織(お)る毎日でした。
 ある日の事、おじいさんと息子が沖へ漁に出ていると、急に空模様(そらもよう)があやしくなってきました。
「こりゃ、大雨になるぞ」
「お父っつぁん、あの島へ行こう」
 二人は大いそぎで、近くの島へ逃げました。
 だんだん雨風が強まるなか、やっと舟をおかに押し上げて、洞穴(ほらあな)にこもり、大荒れに荒れる海を見ながら、二人はジッと夜を明かしました。
 次の朝、大雨がやんだので、二人は舟を出して魚とりをはじめました。
 アミを海に入れると、とても重い手ごたえがあります。
 二人がなんとかアミを引き上げてみると、アミの中には二十五、六歳の立派(りっぱ)な着物を着た男がかかっていたのです。
「お父っつぁん、こりゃあ」
「うむ、ゆうべの大雨に流されてきたお人じゃろう。かわいそうなことだ。もう死んでいる」
 二人は島に穴をほると、その男をていねいにうめてやりました。
「今日は、ひきあげよう。おばあさんに頼まれていた物を買ってから帰ろう」
 二人は大きな町がある港へ、舟をこぎ寄せました。
 おみそやお米を買おうと、お米屋へ行ったら、そこの旦那(だんな)が声をかけてきました。
「もし、あなたたちは、昨夜の大雨の時、どうしていましたか?」
「はい、わしたちは危ういところで島に逃れられました」
「そうでしたか、それはよろしゅうございました。ところでここへ来る途中、千石船(せんごくぶね→江戸時代、米を千石ほど積める大形の和船)を見かけませんでしたか?」
「いいや、見なかったですな。ですが今日、わしらのアミに若い男の死骸(しがい)がかかって、島にうめてきました」
「死骸ですと!」
「なにか、心当りでもありなさるのか?」
「実は、息子が大阪に千石船で米を積んで出て行ったのですが、そこへあの大雨。心配しているところです」
「そうじゃったか」
「ごめんどうをおかけしますが、わたしをその島へ連れて行ってもらえますまいか?」
 二人は旦那を乗せて、その島へ戻りました。
 うめた死骸をほり返してみると、旦那の顔から血の気が引きました。
「むっ、息子です」
 二人は死骸を乗せて再び港へ引き返し、立派な葬式(そうしき)にも立ちあいました。
「あなたたちには、すっかりお世話になりました。わたしの心からのお礼を港に用意しました。どうか受け取って下さい」
「いや、お礼なんぞいりません」
「いいえ、あなたたちは息子をていねいにうめて下さっただけでなく、持っていたお金も、そっくりそのままそえて下さっていた。その正直さに感銘(かんめい→感動)しました。どうぞ受け取ってやって下さい」
 あまりにも旦那が言うので受け取ることにしたのですが、旦那につれられて港へ行ってビックリです。
 なんと旦那が用意したお礼は千石船で、しかも米千石が積んであったのです。
 その上、死んだ息子がもっていた百両(ひゃくりょう→七百万円ほど)以上もの金もくれたのです。
 二人はたちまち大金持ちになり、嫁とおばあさんの待っている家へと帰っていきました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診