みんなが知ってる 世界の有名な話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界の有名な話 > オオカミと七匹の子ヤギ
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界の有名な話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


世界の有名な話 第5話

オオカミと七匹の子ヤギ

オオカミと七匹の子ヤギ
グリム童話 → グリム童話の詳細

 むかしむかし、あるところに、やさしいお母さんヤギと、七匹の子ヤギたちが住んでいました。
 ある日のこと、お母さんヤギがいいました。
「おまえたち、お母さんは用事で出かけてくるから、ちゃんとるすばんをしているのですよ。それから、さいきんは悪いオオカミがいるから、用心するのですよ」
「お母さん、オオカミって、こわいの?」
「そうだよ。なにしろ、ヤギを食べてしまうのだから」
「あーん、こわいよー」
「大丈夫。家の中にいれば大丈夫ですよ。オオカミはガラガラ声で黒い足をしているから、そんなのがお母さんのふりをしてやってきても、けっして家の中に入れてはいけませんよ」
「はーい、わかりました。では、いってらっしゃい」
 子ヤギたちはお母さんヤギを見送ると、玄関(げんかん)のドアにカギをかけました。
 さてしばらくすると、オオカミがやってきて、玄関の戸をたたいていいました。
「あけておくれ、お母さんだよ」
 すると、子ヤギたちがいいました。
「お母さんは、そんなガラガラ声じゃないよ」
「そうだ、そうだ。おまえはオオカミだろう!」
(ちっ、声でばれたか)
 そこでオオカミは、声がきれいになるというチョークを食べて、またやってきました。
「あけておくれ、お母さんだよ」
「あっ、お母さんの声だ」
 子ヤギたちは玄関にかけよりましたが、ドアのすき間から見えている足がまっ黒です。
「お母さんは、そんな黒い足じゃないよ」
「そうだ、そうだ。おまえはオオカミだろう!」
(ちっ、足の色でばれたか)
 そこでオオカミは、パン屋さんをおどかして、小麦粉(こむぎこ)で足を白くさせました。
「あけておくれ、お母さんだよ」
 声もお母さん、ドアのすき間から見える足もまっ白です。
「わーい、お母さん、おかえりなさい」
 子ヤギたちがドアをあけると、オオカミが飛び込んできました。
「ウワォー、なんてうまそうな子ヤギだ」
 みんなはビックリして、いそいでかくれました。
 一匹目は、つくえの下。
 二匹目は、ベットの中。
 三匹目は、火の入ってないストーブの中。
 四匹目は、台所の戸だなの中。
 五匹目は、洋服ダンスの中。
 六匹目は、洗濯おけの中。
 七匹目は、大きな時計の中です。
「グフフフ。かくれてもむだだぞ。みんなさがして食ってやる」
 オオカミはつぎからつぎへと子ヤギを見つけて、パクリパクリとのみこんでしまいました。
「フーッ。うまかった。さすがに六匹も食べると、お腹がいっぱいだわい」
 おなかがいっぱいになったオオカミは、草原の木の下でよこになると、グーグーとひるねをはじめました。
 まもなく、お母さんヤギがもどってきましたが、家の中を見てビックリ。
 子どもたちの名前を次々によびましたが、へんじはありません。
 でも、最後に末っ子の名前をよぶと、末っ子の子ヤギが返事をしました。
「お母さん、ここだよ」
 大きな時計の中にかくれていて末っ子だけが、ぶじだったのです。
 末っ子の子ヤギから話を聞いたお母さんヤギは、おんおんとなきました。
 なきながら外へ出ていくと、オオカミがすごいいびきをかいてねているではありませんか。
 そして、そのふくれたおなかが、ヒクヒク、モコモコとうごいています。
「もしかして、子どもたちはまだ生きているのかも」
 そこでお母さんヤギは、末っ子にハサミと針と糸を持ってこさせると、ハサミでオオカミのおなかを切ってみました。
 するとどうでしょう。
 子ヤギたちが一匹、二匹と、みんな元気にとびだしてきたのです。
「わーい、お母さんだ。お母さんが助けてくれたんだ!」
 子ヤギたちはお母さんヤギにだきついて、ピョンピョンとびあがってよろこびました。
 お母さんヤギも大よろこびです。
 でも、すぐに子ヤギたちにいいました。
「おまえたち、すぐに小石を集めておいで。この悪いオオカミに、おしおきをしなくてはね」
 そして、からっぽになったオオカミのおなかの中に、みんなで小石をつめこむと、お母さんヤギが針と糸でチクチクとぬいあわせてしまいました。
 さて、それからしばらくたったあと、やっと目をさましたオオカミは、のどがかわいて近くのいずみに行きました。
「ああ、おなかが重い。少し食べ過ぎたかな?」
 オオカミがいずみの水を飲もうとしたとたん、お腹の石の重さにバランスをくずして、オオカミはそのままいずみにドボンと落ちてしまいました。
「わぁ、わぁ、助けてくれー! おれは泳げないんだ! だれか助けてくれー!」
  オオカミは大声で助けをよびましたが、きらわれもののオオカミはだれにも助けてもらえず、そのままいずみのそこにしずんでしまいました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診