みんながドキドキ 世界の恋物語 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界の恋物語 > すずの兵隊
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界の恋物語 (全10話)

→  1話 〜 10話
 


世界の恋物語 第5話

すずの兵隊
イラスト myi   ブログ sorairoiro

すずの兵隊
アンデルセン童話 → アンデルセン童話の詳細

♪音声配信
まちゃりんの読んだり〜の♪

 ある小さな男の子が、誕生日にすずの兵隊のおもちゃをもらいました。

すずの兵隊

 1本のスプーンを溶かしなおして作ったもので、全部で25人そろっていましたが、そのうちの1人だけは足が1本しかなかったのです。
 それと言うのも、この兵隊が一番最後に作られた為、すずが足りなくなってしまったのです。

すずの兵隊

 それでもこの兵隊は、一本足のまましっかり立っていました。

 男の子は他に、紙で出来たお城のおもちゃももらいました。
 そのお城の入り口には、1人のおどり子が片足を思い切り上げて踊っています。

すずの兵隊

「ああ、あのおどり子も一本足だ。ぼくのお嫁さんにちょうどいい」

すずの兵隊

 1本足の兵隊は、おどり子に一目ぼれして、その夜はおもちゃ箱の中で、おどり子から目を離さずに過ごしました。

すずの兵隊

 ところがあくる朝、窓辺に置かれた一本足の兵隊は、

すずの兵隊

 すきま風で窓が開いたひょうしに、4階から下の道に落ちてしまったのです。

すずの兵隊

 それを通りかかったワンパク小僧が見つけて、新聞紙で作った船に乗せてみぞに流しました。

すずの兵隊

「どこへ行くんだろう。はやく、あのおどり子の所に戻りたいな」

すずの兵隊

 はやい波にゆすぶられているうちに、新聞紙の船が破れて、すずの兵隊は水の中へ沈んでしまいました。

すずの兵隊

 さて、それをエサと勘違いしたあわてん坊の魚が、

すずの兵隊

 すずの兵隊を飲み込んでしまいました。

すずの兵隊

 やがてその魚は漁師に釣られて、それを買ったある家のお手伝いさんが魚のお腹を包丁で切り開いてビックリ。

すずの兵隊

「あら、この兵隊は確か・・・」
 何と魚が買われていった家は、元の持ち主の男の子の家だったのです。

すずの兵隊

 テーブルには、あのお城も乗っていて、おどり子はあいかわらず足を高く上げていました。
「やあ、ようやく帰って来た。ただいま、おどり子さん」

すずの兵隊

 一本足の兵隊がじっとおどり子を見つめていると、持ち主の男の子が一本足の兵隊をつかんで言いました。
「一本足の兵隊なんて、もういらないや」

すずの兵隊

 そして燃えさかるストーブの中に、放り込んでしまったのです。
 兵隊は自分の身体が溶けていくのを感じましたが、どうする事も出来ません。

すずの兵隊

「さよなら、おどり子さん。いつまでもお元気で」
 その時、ふいに窓が開いて風が吹き込み、紙のおどり子がヒラヒラと舞い上がるとストーブの中の兵隊のところへ飛び込んできました。

すずの兵隊

「やあ、来てくれたんだね。ありがとう、花嫁さん」
 やがて紙のおどり子は燃え尽き、すずの兵隊もすっかり溶けてしまって

すずの兵隊

 ハート型の小さな固まりになりました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診