みんながワクワク 世界の不思議な昔話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界のふしぎ話 > リップ、バン、ウィンクル
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界のふしぎ話 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


世界のふしぎ話 第6話

リップ、バン、ウィンクル

リップ、バン、ウィンクル
アメリカの昔話 → アメリカの国情報

♪音声配信
まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、アメリカのハドソン川の近くの村に、リップ・バン・ウィンクルという男がすんでいました。
 リップは、うちのしごとをするのが大きらいで、いつも村のなかをプラブラしていました。
 ですから、リップの家は村でいちばんびんぼうで、リップの息子や娘たちは、ボロボロの服をきていました。
 リップのおかみさんは、ひまさえあると、
「このなまけもの!」
と、リップをどなりつけていました。
 おかみさんにしかられると、リップはコソコソと家をにげだします。
 そして鉄砲(てっぽう)をかたにかつぎ、ウルフというイヌをつれて山へかりにでかけるのです。
 ある日、リップはウルフと山のなかをはしりまわっていましたが、いつのまにか、けわしい山にまよいこんでしまいました。
 リップとウルフは、草の生えた丘にこしをおろしてやすみました。
 まもなく、夕ぐれです。
 リップの村は、ずっととおくに小さくかすんで見えます。
 家ではおかみさんが、はらをたててまっていることでしょう。
 そのとき、だれもいない山の谷ぞこから、
「おーい。リップやーい」
と、よぶこえがしました。
 ききちがいかなと、リップが思ったとき、また谷ぞこから、
「おーい。リップやーい」
と、はっきりきこえてきました。
 谷を見おろすと、だれかがおもそうなものを背中にかついで、谷川をのぼっています。
 ウルフは、なぜかこわそうに、リップにからだをよせてきました。
 リップはしんせつな男でしたから、てつだってあげようと思って、谷をかけおりました。
 谷川をのぼっている人を見て、リップはビックリしました。
 白いあごひげを胸までたらした、リップの知らないおじいさんです。
 きている服もかわっていて、なんだか、むかしの人がきていた服のようです。
 おじいさんは、酒の大きなタルをかついでいました。
 リップがちかづくと、「いっしょにはこんでくれ」と、あいずをしました。
 おじいさんとリップは酒ダルをかついで、水がかれた谷川をのぼっていきました。
 しばらくすると、
 ゴロゴロゴロー!、
 カミナリの音が、ひびいてくるようになりました。
 まもなく谷川がゆきどまり、高いがけにかこまれた広場に出ました。
 二人は、そのなかへはいっていきました。
「あっ!」
 リップは、おどろきの声をあげました。
 広場では、おじいさんたちがおおぜいで、ボーリングをしてあそんでいます。
 カミナリの音と思ったのは、じつはボーリングのボールをころがす音だったのです。
 おじいさんたちはみんな、むかしの服をきて、こしには小刀(こがたな)をさしています。
 長い白いひげをたらし、はねかざりのついたぼうしや、とんがりぼうしをかぶった人もいました。
 みんなはボーリングをやめて、リップをジロリと見ました。
 みんな、死人のようにあおい顔ばかりです。
 リップはおそろしくなって、ガタガタとふるえました。
 いっしょに来たおじいさんは、酒ダルから大ビンに酒をつめかえました。
 そして酒をついでまわるようにと、リップにあいずをしました。
 リップがコップに酒をつぐと、みんなはだまったまま、ゴクンゴクンとのみほします。
 それからまた、ボーリングをはじめました。
 リップは酒が大好きだったので、おじいさんの目をぬすんでひと口のんでみました。
 するとその、おいしいこと。
 たちまち、二はい、三ばい、と、のんでいるうちに、よっぱらってしまいました。
 そしていつのまにか、ぐっすりと、ねむってしまったのです。
 朝になり、リップが目をさますと、あのおじいさんとはじめてあった丘の上でねていました。
「ウルフ、ウルフ」
 リップがイヌの名をよびましたが、どこからも出てきません。
 足もとに鉄砲がころがっていましたが、それはリップのあたらしい鉄砲ではなく、茶色にさびたボロボロの鉄砲でした。
「あのじいさんどもに、イヌと鉄砲を取られてしまった」
 腹を立てたリップは、きのうの広場へでかけることにしました。
「よいしょっ」
 立ちあがろうとしますと、からだのぐあいが悪いのか、力がぬけたような感じです。
(まだ、酒によっているのかな?)
 リップは、谷川へおりていきました。
 すると、どうでしょう。
 きのうまでかれていた谷川に、水がごうごうとながれており、谷川をのぼっていくことができません。
 とおまわりをして、なんとかリップは村へもどりましたが、じぶんの家がどこにあるのかわかりません。
 それというのも、たった一晩のあいだに家がものすごくたくさんふえて、村のようすが、すっかりかわっているのです。
 そのうえ、村にはリップが知っている人が一人もいません。
 なんとかして、やっとリップの家がみつかりました。
 けれども庭には草がボウボウとはえ、屋根も庭もこわれかけています。
(これはいったい、どうしたことだ? ・・・そうだ、家族たちはぶじか!)
 リップは家のなかへとびこみましたが、なかには、おかみさんも息子も娘も、だれもいません。
 リップは家をとびだし、村のなかをあるきまわりました。
 まもなくリップは、村の人びとにとりかこまれました。
 そしてその中の一人が、リップに聞きました。
「鉄砲などもって、どうしたのじゃ? おじいさん、あんたはどこのだれかね?」
「おじいさん? なにをいう。わたしはまだ、わかいですよ」
 リップがいうと、人びとはリップの胸のあたりをゆびさして、わらいあうのです。
 リップも、じぶんの胸を見ました。
 すると、どうでしょう。
 いつのまにか、長くて白いひげが胸までのびているではありませんか。
 何と、知らない間に、リップはおじいさんになっていたのです。
「そっ、そんな! ・・・だれか、だれかリップ・バン・ウィンクルを知っている人はいませんか?」
 リップはすっかりおどろいて、大声でさけびました。
 そのとき、わかい女が赤ん坊をだいてすすみでました。
「それはわたしの父です。二十年もまえ、山へいったまま、かえってきませんでした」
 リップは娘のところへかけよると、さけびました。
「わたしが、そのリップだよ!」
 リップは、人びとにきのうのできごとをはなしました。
 すると、ひとりの老人がいいました。
「おまえさんが出あったのは、むかしこのあたりを探検(たんけん)した、ハドソン船長たちのゆうれいにちがいない。二十年ごとにかならず見まわりにくるという、いいつたえがあるんじゃ」
「・・・そんな」
 おどろいたことに、リップがねむっているあいだに、二十年もたっていたのです。
 それからリップは娘の家にひきとられて、しあわせにくらしました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診