頭がよくなる 世界のとんち話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界のとんち話 > 小ウサギのしょうばい
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界のとんち話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


世界のとんち話 第9話

小ウサギのしょうばい

小ウサギのしょうばい
コスタリカの昔話 → コスタリカの国情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
ウサギの折り紙うさぎ   ウサギの顔の折り紙うさぎのかお

♪音声配信
まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかしの、ある秋のこと。
 小ウサギが五十リットルのトウモロコシと、五十リットルのマメをとりいれました。
 ずるがしこい小ウサギは、これでうんともうけてやろうと思いました。
 小ウサギは朝はやく、ムギわらボウシをかぶり、新しいうわぎをきてでかけました。
 まずアブラムシの家にいって、トントンと戸をたたきました。
 アブラムシはちょうど、コーヒーマメをひいていましたが、
「まあ、まあ、どなたかしら?」
と、いいながら戸をあけました。
「ああら、小ウサギさんじゃないの。どうぞ、おはいりになって」
 小ウサギは中にはいって、イスに腰かけながらいいました。
「あなたに、わたしがとりいれた五十リットルのトウモロコシと、五十リットルのマメを、安く売ってあげようかと思いましてね。たったの五コロン(→日本円では百円ほどですが、現地ではフランスパンが10本以上買えます)で、いいんですよ」
「すこし、考えさせてくださいな」
と、アブラムシはこたえました。
「いやいや、それはこまります。すぐきめてください。あなたが買わないなら、だれかほかのひとにはなします。もし買おうというのでしたら、土曜日の朝はやく、わたしのところへきてください」
「では、買うことにしましょう。土曜日の朝七時ごろに、荷車をもって品物をいただきにまいりますわ。いまコーヒーをいれますから、めしあがっていってくださいな」
 小ウサギは、しょうばいの話をきめたうえに、コーヒーとケーキをごちそうになって、アブラムシの家をでました。
 そしてこんどは、メンドリの家にいきました。
「メンドリさん。じつは、わたしがこの秋とりいれた五十リットルのトウモロコシと、五十リットルのマメを、あなたに安く売ってあげようと思いましてね。たったの五コロンで、いいんですよ」
 メンドリは、五コロンならたしかに安いと思いましたので、土曜日の朝八時ごろに、荷車をもって品物をとりにいくとやくそくしました。
 小ウサギは、ここでもしょうばいの話がうまくまとまったうえに、おみやげにできたてのチーズをもらいました。
 それからこんどは、キツネの家にいきました。
「キツネさん。わたしがこの秋とりいれた、五十リットルのトウモロコシと五十リットルのマメを、安く売ろうと思っているんですよ。五コロンでいいんですが、買いませんか?」
 キツネも、このもうしでをよろこんでうけました。
 そして、土曜日の朝九時ごろ、品ものをとりにいくとやくそくしました。
 小ウサギはここでも、たくさんごちそうになりました。
 それから、オオカミのところへいきました。
 ここでもいままでと同じように、トウモロコシとマメをうまく売りつけました。
 オオカミは土曜日の十時ごろ、品物をとりにいくとやくそくしました。
 さいごに小ウサギは狩人(かりゅうど)のところへいって、同じようにしょうばいの話をうまくとりきめました。
 狩人には、十一時ごろきてくれるようにいいました。
 いよいよ、土曜日になりました。
 まだ、お日さまがのぼらないうちに、アブラムシが荷車をもってやってきました。
「トウモロコシもマメも、うちのうしろにありますから、荷車はそこへおいてらっしゃい。それがすんだら、ひと休みしていってください」
と、小ウサギはいいました。
 アブラムシはいわれたとおりに、荷車をうらへもっていきました。
 それから家の中へはいってきて、やくそくの五コロンを小ウサギにわたしました。
 それから小ウサギにすすめられるままに、ながイスに腰をおろして、のんびりと葉まきタバコをふかしはじめました。
 二人はしばらくのあいだ、なにやかやと話をしていましたが、とつぜん小ウサギがさけびました。
「あっ、たいヘんだ! メンドリがこっちへやってきますよ」
 とたんにアブラムシはまっ青になって、ブルブルとふるえだしました。
「見つかったら、たべられてしまうわ。どこかへ、かくしてちょうだい!」
 そこで小ウサギは、アブラムシをだんろの中にかくしてやりました。
 そこへメンドリが、ニコニコしながらやってきました。
「小ウサギさん。ちょうど時間どおりよ」
 小ウサギは、なやにトウモロコシとマメがあるから、そこへ荷車をおいてきて、ひと休みするようにといいました。
 メンドリはいわれたとおりにしてから、小ウサギに五コロンをわたしました。
 それからながイスに腰かけて、葉まきタバコをふかしながら、しばらくのあいだ二人で話をしていました。
 するととつぜん、小ウサギがさけびました。
「あっ、たいへんだ! キツネがこっちへやってきますよ」
 とたんに、メンドリは顔色をかえて、ブルブルとふるえだしました。
 それを見て、小ウサギは、
「そのだんろの中にかくれていらっしゃい。そうすりゃ、見つかりっこありませんから」
と、いって、アブラムシのかくれているだんろの中へ、メンドリをおしこみました。
 だんろの中に入ったメンドリは、そこにいたアブラムシをひとのみにしてしまいました。
 小ウサギは外へでていって、キツネをむかえました。
 荷車はそばの原っぱヘおいて、まずひと休みするように、家の中へむかえいれました。
 キツネがやくそくの五コロンをわたすと、小ウサギはキツネにむかって、しきりにだんろのほうを目くばせして見せました。
「おや、だんろに何かあるのかい?」
 キツネは、だんろの中をのぞいて見ました。
 かわいそうにメンドリは、あっというまにキツネに、くいころされてしまいました。
 おなかが大きくなったキツネが、気持よさそうに葉まきタバコをふかしていると、小ウサギがさけびました。
「たいへんだ! オオカミがきますよ。はやく、かくれなさい!」
 キツネはあわてて、小ウサギにおされるままに、だんろの中にもぐりこみました。
 オオカミは荷車を、いけがきのところへおいてから、五コロンを小ウサギにわたしました。
 小ウサギは、オオカミにむかって、だんろのほうを目くばせして見せました。
「おや、だんろに何かあるのかい?」
 オオカミは、だんろの中をのぞきこみました。
 だんろの中でふるえていたキツネは、たちまちオオカミに食べられてしまいました。
 キツネを食べたオオカミが、いい気持で葉まきタバコをふかしていると、ふいに小ウサギがさけびました。
「たいへんだ。狩人が鉄炮をもってやってきますよ」
 それを聞くと、オオカミはビックリ。
「きっと、おれをうちにきたにちがいない。どこかかくれるところはないか?」
 小ウサギは、オオカミをだんろの中へおしこみました。
 そこへ、狩人がやってきました。
 小ウサギは、あいそよく、
「よくきてくださいました。まあ、ひと休みして、葉まきタバコでもふかしてください」
と、いって、家の中へさそいいれました。
 それから、小ウサギは声をひくくして、
「あなたは、オオカミのやつがおきらいでしょう。だんろの中をねらって、ズドンと一発うってごらんなさい。そうすりゃ、オオカミのやつをやっつけられますよ」
と、ささやきました。
 狩人はすぐさま、ズドン! ズドン! と、鉄炮をうちました。
 すると、うちころされたオオカミが、だんろからころがりでました。
 それから狩人は、小ウサギといっしょにおもてへでていって、トウモロコシとマメのふくろをウマにつみました。
 そして、小ウサギに五コロンをはらって、帰っていきました。
 こうして狩人だけが、小ウサギのトウモロコシとマメを買ったことになりました。
 わる知恵をはたらかせた小ウサギは、五十リットルのトウモロコシマメで、二十五コロンをもうけ、おまけに四台の荷車も手に入れました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診