みんながドキドキ 世界のこわい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界のこわい話 > なんでものみこむかいぶつ
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界のこわい話 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


世界のこわい話 第10話

なんでものみこむかいぶつ

なんでものみこむかいぶつ
ロシアの昔話 → ロシアの国情報

 むかしむかし、あるところに、ロザリーというかわいい娘さんがいました。
 ロザリーには三人のにいさんがいましたが、それぞれお嫁さんをもらい、べつの家でくらしていました。
 だからロザリーは、森のちかくのちっぽけな家で、一人ぼっちですんでいました。
 さて、その森の中にはこまったことに、ウービルという、みあげるほど大きな女のかいぶつがすんでいました。
 いつもおなかをすかせていて、人間だろうと動物だろうと、手あたりしだいにのみこんでしまうのです。
 ロザリーは、ひさしぶりににいさんたちにあいたくなりました。
 そこで朝はやくから、おみやげにもっていくケーキをやきました。
 やきあがったケーキをテーブルの上のカゴにつめると、馬車(ばしゃ)をひくウマをだしに馬小屋にいきました。
 そこへ、おなかをすかせたウービルがやってきたのです。
「おや? クンクン。いいにおいがする」
 ウービルはながい鼻をヒクヒクさせながら、そこらをかぎまわりました。
 いいにおいは、ロザリーの家の台所からながれてくるので、ウービルは台所のまどにかけよると中をのぞきました。
 そこには、ケーキのつまったカゴがテーブルにのっています。
「これは、いいものがある」
 ウービルはまどをおしあげると、カゴをつかんでそのまま口の中へほうりこみました。
 おいしいケーキにありついたウービルは、ほんのすこしだけまんぞくして、森のほうへ帰って行きます。
 さて、ロザリーが台所にもどってみると、まどがあいていて、ケーキがカゴごとなくなっているではありませんか。
(これはきっと、ウービルのしわざだわ)
 ロザリーはしかたなく、もういちどケーキをやいて、べつのカゴにつめました。
 それから馬車にのって、まず、いちばん上のにいさんの家へいきました。
 ところがいくらもすすまないうちに、うしろで大声がしました。
「ロザリー、おまち! あたいの口からよだれがこぼれて、とまらないんだよ!」
 ロザリーがビックリしてふりかえると、ウービルがおいかけてきます。
 ウービルはあっという間に、馬車のうしろにやってきました。
 ロザリーはカゴからケーキを一つ取り出すと、思いっきりうしろへとなげました。
 ウービルは立ちどまって、それをひろいます。
(いまのうちだわ!)
 ロザリーはまえよりもはやく、馬車をはしらせました。
 でもウービルは、ケーキを口にほうりこむなり、ふたたび馬車をおいかけました。
 ウービルと馬車のあいだは、みるみるちかづいていきます。
「ロザリーおまち! あたいのおなかはまだまだペコペコだよ」
 ロザリーはまた一つ、ケーキをなげました。
 ウービルはたちどまって、ケーキを口にほうりこみ、すぐ馬車のうしろまでおいついてきました。
 一つ、また一つ、うしろへケーキをなげているうちに、とうとうカゴはからっぽになりました。
 ロザリーはおもいきって、からのカゴをなげました。
 ウービルはカゴをひろって、それものみこみました。
「ロザリーおまち! こんどはおまえを食べてあげるから」
 ロザリーは馬車からとびおりるなり、車りんをひとつはずしてうしろへころがしました。
 ウービルは立ちどまって、それをひろいあげました。
 そのすきにロザリーは馬車にのり、ウマにムチをいれました。
 車りんの三つしかない馬車は、ガタゴトゆれながらも、どうにかはしりました。
 ウービルは車りんをのみこんでしまうと、ふたたび馬車をおいかけました。
「ロザリーおまち! おなかがすいて、あたいの胃ぶくろはゴロゴロなってるんだよ」
 ロザリーは、つぎつぎと車りんをはずしました。
 ウマは車りんのない馬車をひきずってはしりました。
 それでもウービルは、車りんをのみこんでしまうと、すぐにおいついてきました。
 ロザリーは馬車からとびおりると、ウマをはずしてその背中にのりました。
 さすがのウービルも、馬車をのみこむには、じかんがかかります。
 大きな口へ馬車をおしこんでいるすきに、ロザリーをのせたウマはドンドンさきへすすみました。
 でも、ウービルはあきらめません。
 ついに馬車を飲み込んだウービルは、再びロザリーを追いかけました。
「ロザリーおまち! おまえをたべるまでは、あきらめやしないよ」
 ウービルの手が、ウマのしっぽをつかみました。
 ロザリーはウマからころがりおちると、むちゅうではしりました。
 ウービルはウマをつまみ上げると、ゴクリと飲みこみました。
 ところがウマは、ウービルのおなかの中で大あばれします。
 ウービルは気持ちがわるくなり、ウマをはきだしてしまいました。
 ウマはクルリとむきをかえ、家のほうへかけていきました。
 ウービルは、またもやロザリーをおいかけました。
 ロザリーはつかまりそうになると、頭にかぶっていたスカーフをなげ、ふくをなげ、クツやクツしたをなげました。
 ウービルはそのたびに足をとめて、口の中へほうりこみました。
 そのうちにあたりがくらくなり、夜になりました。
「ロザリーおまち! おや、どこへいったの? ・・・まったく、こうくらくては、わかりゃしない」
 ロザリーはくらやみにまぎれて、あっちこっちとにげまわり、やっとのことでいちばん上のにいさんの家にたどりつきました。
 ロザリーは、おもての戸をたたいていいました。
「にいさん、戸をあけて! わたしよ、いもうとのロザリーよ。かいぶつがそこまできているの!」
 ベッドでねていたにいさんは、戸の音にビックリしてとびおき、ロウソクに火をつけました。
 ロザリーはすっかりつかれていて、声がガラガラです。
 だからにいさんには、どうしてもいもうとだとはおもえませんでした。
 カギあなからそとをのぞくと、はだしの足がみえました。
「ロザリーだなんてとんでもない! わしのいもうとはとてもぎょうぎのいい娘だ。夜なかにはだしでくるわけがない」
 にいさんは、ベッドへもどってしまいました。
「ああ、だめだわ」
 ロザリーはおおあわてで、二ばん目のにいさんの家へいき、ドンドンと戸をたたいていいました。
「にいさん戸をあけて! わたしよ。いもうとのロザリーよ。かいぶつにおわれて、ふくもクツもとられてしまったの」
 ねむったばかりのところをおこされたにいさんは、ひどくふきげんで、ベッドをおりもしないでさけびました。
「こんな夜なかにおこすやつはだれだ! なにがロザリーなもんか。わしのいもうとはそんなガラガラ声じゃない。さっさときえうせろ!」
 そのとき、ウービルの足音がせまってきました。
「ああ、ここもだめだわ」
 ロザリーはまたかけだして、こんどは三番目のにいさんの家にいって、おもての戸をドンドンたたきました。
「にいさん、戸をあけて! わたしよ。いもうとのロザリーよ。ああ、はやく! かいぶつがもうそこまで」
 そのとき、にいさんはおかみさんとしごとをしていました。
「どこかの娘がいもうとにばけて、いれてほしいといっているぞ」
「あんなひどい声でロザリーだなんてとんでもない。はやくあっちへいくようにいってちょうだい」
 おかみさんが、イライラしていいました。
「でもひょっとしたら、どこかの娘さんがとまるところがなくて、こまっているのかもしれない。中にいれてやろうか?」
「とんでもない! ドロボウかもしれないわ」
 そのとき、またロザリーがいいました。
「おねがいだから戸をあけて。声はガラガラでも、まちがいなくいもうとのロザリーよ」
 にいさんはそっとまどをあけてみましたが、くらくてそこにだれがいるのかよくわかりませんでした。
 それでも、心のやさしいにいさんはいいました。
「誰だか知らないけど、こんな夜なかに家へいれるのはむりだよ。でもよかったら、なやの中でおやすみ」 
 ロザリーはあわてて、なやにとんでいきました。
 そこヘ、ウービルがやってきました。
「おお、いたいた。あたいのだいすきな食べ物」
 ウービルは大きな手をのばして、ロザリーのかみの毛をつかみました。
「やめて!」
 ロザリーは身をよじってにげると、ウービルの手の中にかみの毛をひとふさのこしたままなやにかけこみ、中からカギをかけました。
「あれ? あたいの食べ物はどこへきえた?」
 ウービルは、くらがりの中をさがしまわりました。
 あるくたびに地面がゆれ、イヌがほえはじめました。
「やっぱり、あの娘はかいぶつにおわれていたのだ」
 にいさんとおかみさんはまどをあけて、にわをみました。
 なやの戸をガタガタゆすっていたウービルは、ようやくあきらめたらしく、ロザリーのかわりにほえているイヌをつかんで、頭からのみこんでしまいました。
「あたいのロザリー、あたいの食べ物」
 ウービルはわめきながら、くらやみにきえていきました。
 朝になって、にいさんはすぐになやへいきました。
 中からカギがかかっているので、まどへよじのぼってとびこみました。
 するとワラの上に、いもうとのロザリーが下着一まいでたおれていました。
「ロザリー、おまえだったのか!」
 にいさんはロザリーをだきかかえると、家の中にはこびました。
「おい、みてみろ。これがドロボウかよ。これがロザリーにばけた娘かよ。ああ、あのとき戸をあけてやるんだった」
「ごめんね、ロザリー」
 おかみさんもこうかいして、ロザリーをベッドにねかせて、口にワインをながしこんであげました。
 ロザリーのほほに赤みがさし、やがていきをふきかえしました。
「よかった」
 ロザリーは、おそろしかったゆうべのことを、のこらずにいさんにはなしました。
「大事な妹にひどいことをするなんてゆるせない。あいつをやっつけるまでは、家にもどってこないぞ」
 にいさんはこのことをつたえに、二人のにいさんのところへいきました。
「それじゃ、ゆうべたずねてきた娘は、ロザリーだったのか」
 そこで三人そろって、ウービルのいる森へでかけました。
 三人はあたりに気をくばりながら、かくれるようにして、おくへとすすんでいきました。
 すると大きな木の下に、ウービルが大の字になってねむっていました。
「さあ、はやく木にのぼれ」
 一番上のにいさんがいいました。
 きょうだいはそっと木にのぼると、ねむっているウービルの頭めがけて、鉄砲(てっぽう)をかまえました。
「それっ!」
 かけ声とどうじに、いっせいに玉がとびだしましたが、ウービルは鉄砲の玉があたっても平気で、目をさましただけでした。
「おや? 木の上に朝ごはんがいる。さあ、おりといで」
 ウービルはおきあがって、木のみきをだきかかえると、ユサユサとゆさぶりました。
 きょうだいたちはひっしでふんばり、鉄砲をうちつづけました。
 それでもウービルは、大きな口をあけて、とんでくる玉をうまそうにのみこみます。
 ウービルはだきかかえていた木をひきぬき、ねもとから口の中へつめこみはじめました。
「ああ、もうおしまいだ! もう玉がない!」
 一番目のにいさんと二番目の兄さんは、あきらめて鉄砲をなげだしてしまいました。
 そのとき、三番目のにいさんは、おまもりがわりにもっている銀貨をおもいだしました。
 その銀貨を鉄砲につめ、
「神さま、どうかおたすけください」
と、いのると、ウービルのおなかめがけてうちこみました。
「ウギャアアアー!」
 ものすごいさけび声とともに、ウービルがドシンとたおれました。
「やった。ウービルをやっつけたぞ!」
 にいさんたちは、手をとりあってよろこびました。
 にいさんたちの知らせをきいて、ロザリーもとびあがってよろこびました。
「ありがとう。これでもう、安心してくらせるわ」
 ロザリーはにいさんたちにわかれをつげると、森のちっぽけな家にもどってきました。
 むかえてくれたのは、ウービルがはきだしたウマだけです。
 でも、ロザリーの一人ぐらしは、ながくはつづきませんでした。
 間もなくロザリーは、お金持ちの息子と結婚して、しあわせにくらしたのです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診