みんながワクワク 世界の不思議な昔話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界のふしぎ話 > お化けカボチャ
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界のふしぎ話 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


世界のふしぎ話 第8話

お化けカボチャ

お化けカボチャ
リビアの昔話 → リビアの国情報

 むかしむかし、お百姓(ひゃくしょう)さんの家のひろい畑に、カボチャがいっぱいなりました。
 その中のひとつに、とても大きくておいしそうなカボチャがなっています。
「どれ、今日はこの大きなカボチャをにて食べよう」
 おかみさんがカボチャを持ち帰り、台所で料理を始めようとしたときです。
「助けてください! 料理するのはやめてください!」
 おかみさんはおどろいて、あたりを見回しましたが、だれもいません。
 おかみさんが、包丁(ほうちょう)をもつと。
「助けてください! 料理するのはやめてください!」
 なんとそれは、食べようとしているカボチャの声だったのです。
 おかみさんはビックリして、畑にいるお百姓さんのところへ飛んでいきました。
「おまえさん、たいへんだよ! カボチャがしゃべったよ!」
「はあ? 何をねぼけてるんだい。さあ、はやく帰ってごはんのしたくをしておくれ」
「だって、おまえさん! 本当なんだよ、カボチャが」
 おかみさんがいくらいっても、お百姓さんは信じようとしません。
 おかみさんはしかたなく家に帰り、また台所にいきました。
 今度こそ、カボチャが何をいっても、耳をふさいでいようと思いました。
 けれど、おかみさんがいないすきに、カボチャはお百姓さんの子どもにばけて、台所でねていたのです。
 するとふしぎなことに、その子どもの横から大きなカボチャがころがりおちて、まえにカボチャのおいてあったところでとまりました。
 おかみさんは何も知らずに、そのカボチャを小さく切って、ナベにほうりこんでにてしまいました。
 そこへお百姓さんが、おなかをすかせて帰ってきました。
「ああ、うまそうないいにおいだ。ところで、ぼうずはどこへいった?」
「子どもなら、台所でねていますよ」
「台所で昼ねとは、おかしなやつだ。さあ、はやくよんでおいで」
 おかみさんが子どもをおこしにいくと、さっきまで台所でねていたはずの子どもがいません。
 子どものかわりに、大きなカボチャがひとつ、ころがっているだけでした。
「たいへんだよ! あの子がいない! そのかわりに、あれが」
 おかみさんが、ふるえ声でカボチャのほうを見ていいました。
 お百姓さんもおどろき、大声をはりあげました。
「こら、ぼうず! どこにいる。はやく出てこい!」
 すると、子どもがナベのふたをあけ、
「お父さん、ここだよ」
と、出てきたので、お百姓さんはビックリ。
 おかみさんも、腰をぬかしてしまいました。
「ぼうず、こりゃいったい、どういうことだい?」
「あのね。ぼくが外で遊んでいたらね。しらが頭のおじいさんがきたんだ。いま、畑のカボチャが食べられたくなくて、おまえに化けて台所でねているから、料理がすむまで帰っちゃいけないよって、いったのさ」
 子どもは、つづけていいました。
「そしてもう一度、おじいさんがきたんだ。もう帰ってもいいよって。帰る時は台所から入って、ナベの中にかくれてろってね」
 お百姓さんとおかみさんは目をまるくして、ふしぎなことがあるものだと、顔を見あわせました。
「これはきっと、神さまのしわざにちがいない。カボチャをすぐに畑にかえしてこよう」
 お百姓さんがカボチャを畑にもどすと、つぎの年からは、ビックリするほどたくさんのカボチャがとれました。
 お百姓さんはカボチャを売って、大金持ちになったということです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診