風邪の時に読む お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 風邪(かぜ)の時に読む お薬童話

タヌキの糸車

タヌキの糸車

 むかしむかし、山奥に、きこりの夫婦が住んでいました。
 きこりは木を切って炭を焼き、おかみさんは糸車を回して、糸をつむいで暮らしていました。
 きこりが仕事でいない昼間、タヌキがときどきやってきて、食ベ物を食いちらかすようになりました。
 それで夫婦は、なベやおひつに大きな石をのせて、タヌキが取って食べないようにしましたが、それでもタヌキは、夜になるとやってきて、家の前でポンポコ腹つづみを打ったり、踊ったりのイタズラをします。
 きこりは腹をたてて。
「さわがしいやつだ。今にワナをしかけて、つかまえてやる!」
 月のよい晩、おかみさんが糸車を回していると、しょうじの破れ目から、タヌキの黒い目玉がクルクルクルと動いています。
 そして、今度はおかみさんのまねをして、タヌキは糸車を回すかっこうをしました。
「かわいいタヌキじゃのう」
 こうして、タヌキはおかみさんを喜ばせました。
 そして、ある晩のこと。
「ギャンギャン!」
 裏山でタヌキの声がしました。
 おかみさんが見に行くと、あのタヌキがワナにかかって、木からぶらさがっています。
「かわいそうに、うちの人がかけたワナにかかったのだね」
 おかみさんは、そっとワナを取ってやりました。
「気をつけないと、タヌキ汁にされてしまうよ」
 タヌキは何度もふり返りながら、森の中へ帰っていきました。
 山に冬がくると、きこり夫婦はふもとにおりて小さい家で暮らします。
 おかみさんは、
(あのタヌキはどうしているかのう?)
と、ときどきタヌキを思い出していました。
 さて、春が来て、夫婦はまた山の家へ戻ってきました。
 家に入り、座敷にあがったおかみさんは、「あっ!」とおどろきました。
 白い糸が、山のように積まれているのです。
 ほこりだらけになっているはずの糸車は、みがかれてピカピカに光っています。
「なんと、ふしぎな」
 おかみさんが、ボーッと見ていると、
「さあさあ、いつまでもつっ立っていないで、家のそうじをしろ」
 きこりはそういうと、炭焼きがまを見に出ていきました。
 おかみさんはそうじをして、ごはんをたきに、かまどの前にすわっていると、
 キイカラ、キイカラと、糸車の回る音がしてきました。
「おやっ?」
と、思って、そうっと座敷のほうを見ると、
「あれっ、タヌキだ」
 おかみさんは息をのみました。
 いつのまにかやってきたタヌキが、それはじょうずに糸車を回して、糸をつむいでいたのです。
 キイカラ、キイカラ
 キイカラ、キイカラ
 おかみさんは、声もたてずに見とれていました。
 タヌキは、ひととおり巻き終わると、糸をはずして、いつもおかみさんがしていたとおり、きれいにまとめて積みかさねます。
 そして、タヌキは満足そうな顔をして、あたりを見回しました。
 その目が、おかみさんの目とあうと、タヌキはうれしそうにおじぎをして、森へ帰っていきました。
「ありがとよ、タヌキ。おまえは一年分の糸をつむいでくれたんだね」
 おかみさんは、いつまでもいつまでも、タヌキの後ろ姿を見送りました。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識