ストレスをやわらげる お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > ストレスをやわらげる お薬童話

金のナスビ

金のナスビ

♪音声配信
スタヂオせんむ

 むかしむかし、ある国の殿さまのもとに、美しいおきさきがいました。
 おきさきはみごもっていましたが、殿さまはまだ知りません。
 ある日の事、おきさきは殿さまのごはんのおぜんを運ぶとちゅう、「プッ」と、小さなおならをしてしまいました。
 すると殿さまは、
「無礼者! お前のような者は、島流(しまながし)じゃ!」
と、言って、おきさきを遠くの島へ流してしまったのです。
 島流しにされたおきさきは、男の子をうんで育てて、いつしか十年あまりがたちました。
 ある日、おきさきは子どもから、
「なあ、うちにはどうして、おとうがおらんの?」
と、たずねられて、島流にされたわけを、ありのままに話しました。
「そうか。おとうが殿さまだなんて知らなかった。・・・よし、おら、殿さまにあってくる」
 男の子は何か考えでもあるのか、一人で舟をこいで海をわたると、お城の近くへいって、ナスビのなえを売り歩きました。
「えー、金のナスビのなるなえは、いらんかなあ」
 その声を聞いて、殿さまはさっそく男の子をお城によぶよう、家来に言いつけました。
「金のナスビがなるとは、実にめずらしい。全部買ってもよいが、そのなえは、だれにでも育てられるのかな?」
 殿さまが男の子にたずねると、
「だれにでも、というわけではありません。生まれて一度も、おならをしたことのない人が育てれば、それは見事な金のナスビが出来ます」
 男の子の返事に、殿さまは怒って、
「バカを言うものではない! この世のどこに、一度もへをしないものがおる。いいかげんな物を売り歩くと、ただではおかんぞ!」
「おや? 殿さまにうかがいますが、この国ではおならをしても、罪にはならないのですか?」
 男の子がたずねました。
「あたりまえじゃ! そんな事を、いちいち罪にしていたのでは、国がなりたってゆかん」
「そうですか。けれど、わたしの母は、むかし、小さなおならをひとつしただけで、島流にされました。それをもう、お忘れでしょうか?」
「なっ、なんじゃと・・・」
 殿さまはハッとして、男の子を見つめました。
 よく見ると、目も口元も、自分にそっくりです。
「すると、お前は、もしや・・・」
 くわしいわけを聞くと、殿さまは男の子がわが子だとわかりました。
「わしが悪かった。つらい思いをさせて、すまなかった。すぐに、妻を島へむかえにいこう」
 殿さまはそう言うと、ギュッと、わが子をだきしめました。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識