ストレスをやわらげる お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > ストレスをやわらげる お薬童話

ふしぎな和尚さん

ふしぎな和尚さん

 むかしむかし、ある村に、えらい和尚(おしょう→詳細)さんのいっこうがとまることになりました。
 村にはまえもって、こんなおふれがまわりました。
《和尚さんは、イヌがにがて。かならず、しっかりとつないでおくように。また、ごはんをたべるところや、おふろに入るところは、けっして、のぞいたりしないように》
 和尚さんのやどになった家では、たいへんなきのつかいようです。
 ごはんのときも、おふろのときも、まわりじゅうにびょうぶをめぐらせて、だれにものぞかれないようにしました。
 でも、あとかたづけをしたひとは、
「んて、おぎょうぎのわるい和尚さんだろう」
と、あきれました。
 ごはんがとびちっているし、おふろだって、ずいぶんとお湯がとびちっています。
「和尚さん、おとまりいただいたきねんに、ひとふで、おねがいいたします」
 家の主人がたのむと、和尚さんはふでをとって、スラスラスラッと、なにやらむずかしい字をかいてくれました。
 けれど、うますぎるのか、へたすぎるのか、だれにもよめません。
 さて、つぎの朝。
 和尚さんがカゴ(→詳細)にのると、二とうののら犬が、ものすごいいきおいでおそいかかって、おしようさんをかみころしてしまいました。
 さあ、たいへんです。
 和尚さんのお寺に、つかいがとびこみました。
 すると、ほんとうの和尚さんは、びょうきでねているということがわかりました。
 その和尚さんがいうには、お寺のやぶにすんでいたタヌキではないかとのことです。
 お寺の山門をなおすために、和尚さんがきふをあつめにでかけようとしたところ、びょうきでそれができなくなりました。
 そこで、和尚さんにかわいがられていたタヌキが、みがわりとなって、きふをあつめるたびに、でかけたのではないかということでした。
 つかいのもののはなしに、
「そう考えれば、おふれのこともなっとくできる。お寺へはこんで、くようしてもらおう。タヌキとはいえ、かんしんな心がけじゃ。ゆうべ、かいてもらった字は、うちのたからものにしよう」
 やどの主人も村のひとたちも、なみだをうかべました。
 やがて、この話しがほうぼうにひろがると、たくさんきふが集まったので、お寺にはみごとな山門ができたということです。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識