風邪の時に読む お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 風邪(かぜ)の時に読む お薬童話

イワナの坊さま

イワナの坊さま

 むかしむかし、山ふかい谷川でのことです。
 その日は朝から、山ではたらく男たちがあつまってきて。
「きょうは祭りだもの、どくもみをして、川のごちそうをドッサリとるべえ」
 男たちはウキウキしながら、したくにとりかかります。
 サンショウの木のかわをはぎとってきざみ、なべでグツグツとにつめ、その煮汁に石灰と木の灰をまぜ、さらににつめて、いくつもの小さなダンゴにまるめます。
 これで魚をとる、どくダンゴのできあがりです。
 どくもみとは、このどくダンゴで魚を殺してつかまえることです。
 すっかり用意ができて、男たちはべんとうをひらきました。
 祭りの日しか食べられない、ダンゴとアズキめしのごちそうです。
 ところが、ふと気がつくと、そばにひとりの坊さまが立っています。
 目のするどい、年とった坊さまです。
「おや、坊さま・・・」
「おまえたちは、このふちで、どくもみをするらしいのう。だがな、つりをするならばともかく、どくもみだけは、けっしてするなよ」
 男たちは、だまったまま顔を見あわせました。
 どくダンゴをふちになげこむだけで、たくさんの魚がとれます。
 坊さまにいわれたからと、やめてしまうのはもったいない。
 坊さまはさとすように、いいました。
「どくもみはのう、おまえたちにとっては、かんたんに魚がとれておもしろかろう。だがな、ふちの魚たちはぜんぶ死んで、それこそ根だやしになってしまうのじゃ。みなごろしとは罪ぶかいことじゃぞ。なにはともあれ、やめなされ」
 すると、力じまんのひげ男が、ペコリと頭をさげて、
「へえ坊さま、かんがえなおしますので、まあまあ、これでもめしあがってくだされ」
と、ダンゴとアズキめしをさしだしました。
「そうか、やめてくれるか。それはよかった。・・・では、ごちそうになろうかの」
 坊さまは、パクリパクリと、のみこむように食べると、どこへともなく、たちさりました。
「どこの坊さまかは知らんが、ああいわれてはなあ・・・」
「せっかく用意したが、やめにするか・・・」
と、男たちはいいあいました。
「いやまて。やめてはつまらん。おれひとりでも、どくもみはするぞ」
 ひげ男がいいました。
 そこでみんなも、いっしょにどくダンゴをふちになげ入れました。
 しはらくまつうちに、つぎつぎとたくさんの魚がうきあがってきて、おもしろいほどとれます。
 さいごにすがたをあらわしたのは、見たこともないような大イワナです。
「これは、ふちの主かもしれねえ」
 バシャバシャとあばれるのを数人がかりでおさえこみました。
 つかまえたえものを村へもちかえると、女や子どもたちが、よろこんでとりかこみます。
 まず小魚をわけあってから、最後に大イワナを切りわけることになりました。
 ひげ男が、ズバリとはらを切りさくと、
「ややっ・・・こ、これは!」
 なんと、大イワナのはらの中から、ダンゴとアズキめしがでてきたのです。
「・・・・・・」
「・・・・・・」
 男たちの顔が、まっさおになりました。
「さては、あの坊さまが・・・」
「あっ! この大イワナ、死んでもまだ、ギロリと目をむいたぞ」
 こわくなった女や子どもたちが、にげだしました。
「おら、いらねえ」
「おらもえんりょする」
 男たちも、コソコソとにげました。
「だらしねえやつらじゃねえか」
 ひげ男は大イワナをひとりで家に持ち帰ると、ぜんぶ食べてしまいました。
 さて、その日からしばらくして、ひげ男の家では、ひげ男をまっさきに、つぎからつぎへと家の者が死んで、とうとう根だやしになってしまったということです。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識