肌荒れをやわらげる お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 肌荒れをやわらげる お薬童話

目玉だらけ

目玉だらけ
東京都の民話東京都情報

 むかしむかし、江戸のある町に多吉(たきち)という、若いたたみ職人がいました。
 多吉は大変な働き者で、朝早く家を出て夜おそくまで、親方のところでいっしょうけんめいたたみをつくっていました。
 ある日の事、夜ふけ近くまで働いた多吉は、親方のところでお酒をふるまわれて、ほろよいきげんで長屋(ながや→今で言う、アパート)へかえっていきました。
♪春じゃ、春
♪月もおぼろの
♪なんとやら
 多吉はいい気分でうたいながら、町はずれの橋のところまで歩いてきました。
 すると橋のたもとのやなぎの木の下に、子どもをだいた女の人がジッと川を見つめて立っていました。
(おおっ、こいつはいい女じゃ。しかしいまごろ、こんなところでなにをしているんだ? ・・・おい、まさか、身なげしようというんではあるまいな)
 足をとめてのぞきこむと、女の人はふりむいて多吉に声をかけてきました。
「すみません。ちょっと、お手をかしていただけませんか。子どものたびがぬげそうなので、なおしていただきたいのです」
 顔も美しければ、声も美しい、ほれぼれとするような若い女の人です。
「それぐらい、おやすいご用です。ほほう、かわいいお子さんだ」
 子どもの顔はお酒をのんだようにまっ赤で、目もつりあがり、みけんに三本のたてじわがあります。
 正直に言うと、ちっともかわいくないのですが、多吉はおせじをいって子どものたびをなおそうとしました。
 そしてきもののすそをまくりあげると、なんと子どもの足は毛むくじゃらで、毛のなかにはカエルのタマゴみたいな小さな目玉が、うじゃうじゃとあったのです。
 そしてその目玉が、一度に多吉の事をにらみました。
「うぎゃー! でたぁー!」
 多吉はビックリしてのけぞると、わき目もふらずに逃げ出しました。
 橋をわたってダンゴ屋のかどをまがり、地蔵さんの前を走りぬけて、やっとお寺の前まできて、
「ふうーっ」
と、大きなため息をつきました。
 ちょうどお寺の前に知りあいの和尚(おしょう)さんがたっていたので、多吉は今見たバケモノの話しをしました。
「ああっ、和尚さんがいて助かりました。実はいま、あそこの橋のたもとのやなぎの木の下で、目玉ばかりのバケモノにであったのです」
 多吉の話しをきいていた和尚さんは、カラカラと笑いながら、
「それは大変じゃったな。して、そのバケモノはこんなバケモノじゃ、なかったですかな?」
 そういっていきなり、ころものすそをまくりあげました。
 和尚さんの毛むくじゃらの足とおしりは、小さな目玉だらけだったのです。
 その目玉が多吉の顔をみて、ニヤリと笑い出しました。
「うーん!」
 あまりの事に、多吉はうなり声をあげると、そのまま後ろにひっくりかえって気絶してしまったという事です。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識