肌荒れをやわらげる お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 肌荒れをやわらげる お薬童話

美しい竜の娘

美しい竜の娘
愛知県の民話愛知県情報

 むかしむかし、知多湾(ちたわん→愛知県西部)の海の底に、親子三匹のがすんでいました。
 天気のいい静かな日の夕方などは、沖へでた漁師(りょうし)の舟が岬(みさき)をまわってくると、白い波がうちよせる岩の上に竜の親子がいるのが見られました。
 上半身だけ人間に姿をかえた竜の両親と、長い髪を腰のあたりまでたらした娘が、夕日の中で仲むつまじく語りあっているのです。
 ある年の、月の美しい日の事です。
 この日は豊石神社(とよいしじんじゃ)のお祭りで、夜になると村や町からたくさんの若者たちが集まってきました。
 若い男たちは海に入って身を清めたあと、ふんどし一丁で花火を夜空にうちあげて、お祭りをもりあげるのでした。
 長い髪を腰までたらした竜の娘も、お祭りが見たくて姿を人間の娘にかえて神社へやってきました。
 そして時のたつのも忘れて、うちあげ花火や祭りばやしをたのしんでいましたが、そのあいだに海の水は、はるか沖合いまでひいてしまったのです。
 竜の娘は帰る道がわからなくなってしまい、とほうにくれて砂の上でうつむいたまま泣いていました。
 その声をききつけたのか、一人の若い(さむらい)がやってきて、やさしい声でたずねました。
「なぜ、こんなところで泣いているのですか?」
 竜の娘はだまって顔をふせていましたが、若い侍は心配して、竜の娘をいたわりながら自分の屋敷へつれていったのです。
 若い侍はお城の家老(かろう)の息子で、作之進(さくのしん)という青年でした。
 竜の娘は人間の姿のまま、何日も屋敷にいました。
 そして、やさしいもてなしを受けているうちに、作之進とふかく愛しあうようになりました。
 竜の娘は小夜衣(さよぎぬ)とよばれて、屋敷のだれからもやさしくされていました。
 けれども心の中では、いつも両親の事が心配でなりません。
 月の美しい夜など、小夜衣は海辺にいって波の音に耳をかたむけると、元の竜にもどって両親のいる海の底へ帰ろうか、それともこのまま人間の姿で恋しい作之進と生きようかと、なやみつづけていました。
 けれど小夜衣は、作之進と別れることはできないと思いました。
「このままの姿で、いつまでも作之進さまのそばにいたい」
 小夜衣は、強くそう思いました。
 それから何日かたった、ある朝の事です。
 漁師が神社の近くの海辺に、下半身は竜で上半身が髪の長い、美しい女の人の死体が流れついているのを見つけました。
 それは、かわりはてた小夜衣の姿だったのです。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識