ストレスをやわらげる お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > ストレスをやわらげる お薬童話

ハチの恩がえし

ハチの恩がえし
栃木県の民話栃木県情報

 むかしむかし、那須与一(なすのよいち)という、弓の名手(めいしゅ)がいました。
 与一(よいち)は源氏(げんじ)の武士(ぶし)で、平家(へいけ)と戦った屋島の合戦(やしまのかっせん)のとき、海にのがれていた平家の小舟にたてた扇(おおぎ)の的(まと)を、たった一本の矢で射落(いお)としたのです。
 あまりの見事さに、このときは敵も味方も関係なく、大歓声(だいかんせい)がわきあがったそうです。
 このとき与一は、二十歳の若者でした。
 さて、この与一は下野の国(しもつけのくに→栃木県)にいた幼いころから、弓の腕をみがいていました。
 あるとき与一は、弓を持って那煩野(なすの)の原へ、一人で狩りにでかけました。
 すると、ススキのやぶの中にはられたクモの巣(す)に、一匹のハチがかかってもがいていたのです。
 葉っぱのかげには大きなクモがいて、獲物(えもの)が動かなくなるのをジッと待っています。
 ハチをかわいそうに思った与一は、弓の先でクモの巣をやぶってハチを逃がしてやりました。
 それから何日かたって、与一はまた弓を持って、那須野の原にでかけていきました。
 ススキをわけいっていくと、やぶの中に子どもが一人で立っています。
 子どもはにこやかな顔で、与一にふかぶかと頭を下げていいました。
「このあいだは、命をお助けくださってありがとうございました。父がお待ちしております。ぜひ、うちへお立ちよりください」
「このあいだとは?」
 なんの事かと思いましたが、与一はハチを助けたことを思いだしました。
 まさかとは思いましたが、与一は子どもに案内されるまま、ススキのやぶをわけながらついていったのです。
 すると、これまで何度も足をふみいれたことのあるやぶの奥に、美しい赤い門がたっていて、金銀をちりばめたようにかがやく宮殿(きゅうでん)があったのです。
 宮殿の中に通されると、頭にかんむりをのせて、きらびやかな衣をまとった老人が待っていました。
「来てくれてありがとう。この子はわたしの子です。あなたの助けによって命をすくわれました。恩返しのお礼をさしあげたいとぞんじます。これは、わが家につたわる宝物で、この矢で射(い)れば、あなたは天下(てんか)に名をあげることができるでしょう」
 そういって、与一に一本の矢を手わたしました。
 与一は矢をもらって黄金の宮殿をあとにし、ふと門をふりかえってみると、黄金の宮殿もりっぱな赤い門も、まぼろしのように消えていていたのです。
 与一がのちに、屋島の合戦で平家の小舟の扇の的を射たのは、このときハチにもらった矢だったという事です。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識