更年期障害をやわらげる お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 更年期障害をやわらげる お薬童話

まま母と地蔵さま

まま母と地蔵さま
秋田県の民話秋田県情報

 むかしむかし、秋田県の能代市(のしろし)というところに、ある夫婦が住んでいました。
 なかなか子どもがうまれないので、二人して近くのじぞうさまに毎日おまいりをして、
「どうか、子どもをさずけてくだされ」
と、たのみしました。
 そのかいがあって、あくる年、男の子がうまれました。
 夫婦はたいへんよろこんで、名を信吉(しんきち)とつけました。
 しかし、信吉が五つのときに母親が死んでしまい、こまった父親は新しい妻(つま)をむかえました。
 やがてあたらしい母は男の子をうむと、その弟の方ばかりかわいがり、信吉をいじめるようになりました。
 ある日の事、母はわずかなお金をもたせて、信吉をおつかいにだしました。
 しかし、信吉はなかなか戻ってきません。
「まったく! あの子は何をしているんだ!」
 イライラした母は信吉が帰ってくるなり、するどくとがった火ばし(→炭火などをつかむ、金属製のはし)をもって、信吉におそいかかったのです。
 信吉がビックリして逃げだすと、母は火ばしをもったまま後をおいかけて、人気のない道で火ばしを信吉の頭のうしろへつきさしたのです。
「ギャアーー!」
と、いって、信吉はバッタリとたおれました。
「ふん! 早く帰ってこないお前がわるいんだ」
 母は家へもどると知らんぷりをして、父親がかえってきても、
「まったく、どこまで遊びにいっているんだ」
と、ごまかしていました。
 夜になって三人きりで夕はんを食べようとしたとき、家の戸があきました。
 なんとそこには、信吉が立っていたのです。
 ビックリした母は、走りよって信吉の頭をマジマジと見ました。
「???」
 信吉の頭には、火ばしでさされたあとはありません。
 母は夜中になると、こっそり家を抜け出して、信吉を刺し殺した場所に行ってみました。
 するとそこには信吉ではなく、お地蔵さんが転がっていたのです。
「も、もしかして!」
 そのお地蔵さんの頭を見てみると、なんと、火ばしがささったままではありませんか。
「ああ、わたしは子どもになんて事をしたんだ。すまねえ事した。かんにんしてけれよ」
 母は家に帰ると父親と信吉に今日の事を全部話して、二人に泣いてあやまりました。
 そしてその日から、母はやさしい母親になったという事です。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識