風邪の時に読む お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 風邪(かぜ)の時に読む お薬童話

三人なき

三人なき
岡山県の民話岡山県情報

 むかしむかし、あるところに、おばあさんが一人で住んでいました。
 ある日の事、遠くへはたらきに行っている息子から手紙が来ました。
 でも、おばあさんは字を知らないので、手紙が読めません。
 すると向こうから一人の(さむらい)がやって来たので、おばあさんはたのみました。
「もしもし、お侍さん、息子から手紙をもらったのですが、わたしは字がわかりません。どうか、この手紙を読んでください」
 侍は手紙をうけとり、しばらくジッと見ていましたが、突然ポロポロと涙をこぼしました。
 おばあさんは、ビックリです。
「お侍さん、何か悪い知らせでも書いてあるのですか? どんなことでもおどろきません。教えてください」
 ところが侍は涙を流すばかりで、何も言いません。
(ああ、これはきっと、とても悪い知らせにちがいない)
 そう思うと、おばあさんはきゅうに悲しくなって、涙をポロポロこぼしました。
 そこへ、土で出来たおなべを売る、ほうろく売りがやって来ました。
「もしもし、どうしたのですか?」
 ほうろく売りがたずねても、侍とおばあさんは泣くばかりです。
 するとほうろく売りも、荷物をそこへおいて手紙を見るなり、泣き出しました。
 通りかかった人は、いったい何ごとが起きたのかと、三人のまわりに集まってきました。
「さあ、泣いてばかりいないで、わけを話しなさい」
「こまったことがあるなら、力をかしてやりましょう」
 すると、ほうろく売りが言いました。
「じつは去年の今ごろ、ほうろくを売りに行ったら、とちゅうで転んでみんな割ってしまいました。くやしくて泣きたいほどでしたが、いそがしいので泣くのをのばしました。ちょうどここを通りかかると二人が泣いているので、その時の事を思い出して、今、ないているのです」
「なんと。まったくあきれた人だ。それじゃおばあさんは、どうしてないているのですか?」
 一人が、たずねました。
「はい、実は息子から手紙が来たので、このお侍さんに読んでもらおうとしたら、お侍さんが何も言わずに泣き出したんです。これは、きっと悪い知らせにちがいない。そう思うと悲しくて悲しくて・・・」
 おばあさんは、涙でグチャグチャになった顔をふきました。
「そうか。それはお気の毒に。さあ、お侍さん、ないてばかりいないで、早く息子さんのようすを教えてあげたらどうです?」
 すると侍は顔をあげて、なさけない声で言いました。
「手紙を読めるくらいなら、泣きはせん。わしは小さいとき、少しも本を読まなかったので字がわからない。それがくやしくてないているのだ。ああ、こんなことなら、ちゃんと本を読んでいればよかった」
「なんだ、そんなことか」
 みんなはあきれて、ものも言えません。
 ちなみに、息子さんの手紙には、
《元気ではたらいているから、心配しないでください。近いうちに、お土産を持って帰ります》
と、書いてあったそうです。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識