福娘童話集 > 新作の紹介 福娘童話集 きょうの新作昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの新作昔話 >ものぐさ太郎

2021年3月1日の新作昔話

ものぐさ太郎

ものぐさ太郎

ささらと昔話講座 第08話【ものぐさ太郎】

読者の「NS.MOOOON」さんの投稿作品。

知っているようで知らない日本昔話を、あれやこれやとささらちゃんが学んでいく動画です。

京都府の民話京都府情報

長野県の民話長野県情報

 むかしむかし、ものぐさ太郎という、大変ななまけ者がいました。
 あるとき、情け深い人が太郎にもちを五つやりました。
 四つまで食べてしまって、残りの一つがコロリと道ばたに転がったのです。
 それを見た太郎は、
「取りに行くのが面倒だ、人が来るまで待っていよう」
と、とうとう三日の間待ちつづけたのです。
 そして四日目の朝のこと、このあたりを治める地頭(じとう)の行列が通りかかりました。
「のう、すまんがそこのもちを取って下され」
 太郎はさっそく声をかけましたが、地頭は知らん顔です。
 これには太郎も腹が立ったとみえて、今度は大声で言いました。
「もちも拾ってくれんようななまけ者が、よく地頭なんぞやっておられる。世の中でなまけ者は俺一人かと思っておったが、とんだまちげえだ」
 これを聞いた地頭、はたと馬を止めて、
「ほう、お前がものぐさ太郎か。お前、一体どうやって暮らしておる」
と、話しかけました。
「ふん、人さまが飯をくれるまでは、何日でも待っているさ」
 太郎のこの態度に地頭は大笑いして、さっそくこんなおふれを出しました。
《ものぐさ太郎に毎日飯と酒を与えよ。もしこれを守らぬ者は領内にとどめてはおかぬ》
 これには村の人も驚きましたが、このいいつけを守って、やがて三年の月日が過ぎたある年の春、この里に都から、ながふが割り当てられました。
 ながふというのは、都にある国司の屋敷へ仕えに来いという命令です。
 けれども誰一人、行きたがる者はいません。
 それで、やっかい者の太郎を行かせることにしました。
 みんなは、
「都には、きれいな女がいるぞ」
「うめえもんが、たくさん食えるぞ」
と、口からでまかせを言って、どうにか太郎を説得したのです。
 こうして太郎は都にやって来ましたが、どういうわけか、太郎は今までのものぐさとは違って、とてもまじめに働いたのです。
 ある日の事、太郎は用事で清水寺(きよみずでら)に出かけました。
 そこへ、十七、八才のきれいな娘が現れて、それを見た太郎はその娘にひと目ぼれしました。
 でも娘は汚い太郎を怖がって、逃げようとしたのですが、太郎は娘をはなしません。
 そこで娘は、
♪から竹を、杖につきたるものなれば
♪ふしそひがたき、人をみるかな
と、いう歌をよんだのです。
 すると太郎も、一体どこで習ったのか、すかさず
♪よろづ世の竹の、よごとにそふふしのなどから竹に、
♪ふしなかるべき
と、よみ返したので、娘もびっくりです。
 これはただの男ではないと、さっそく太郎を屋敷へつれ帰って、七日の間風呂に入れてみがきあげました。
 すると太郎は、とてもりりしい男になったのです。
 こうしてものぐさ太郎は、思わぬことからその娘を妻にめとったのです。
 そして故郷の信濃(しなの)にもどると大きな館を建てて、世話になった村人たちにも、それは親切にして、一生しあわせに暮らしたということです。

おしまい

前のページへ戻る

新作の紹介メニュー

福娘童話集

新作の紹介
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト さくら
職業紹介・誕生日占い・おまじないなど
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識