福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 4月の日本昔話 >泥棒を治す、赤ひげ先生

4月30日の日本の昔話

泥棒を治す、赤ひげ先生

泥棒を治す、赤ひげ先生
紅鬚醫生治賊仔

福妹日本童話集 (臺灣客語.海陸腔) 翻譯:鄧文政(ten33 vun55 zhin11)

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

むかしむかし、江戸の小石川(こいしかわ→東京都文京区)に小石川診療所というのがあって、赤ひげ先生という有名な名医がいました。
頭擺頭擺,江户个小石川(這下个東京都文京區)有一間診所,有一個盡有名个紅鬚醫生。

この赤ひげ先生はとても優しい人で、貧乏な人からはお金を受け取らず、また、他の医者が嫌がる様な病気の人でもこころよく診てくれるのです。
這位紅鬚醫生人當好,對窮苦人無收醫藥費,另外,著著其他醫生毋收个病个患者,佢乜盡好心摎病人治療。

ですから多くの人が、
所以盡多人講:

「赤ひげ先生は、神さまみたいな先生だ」
「紅鬚醫生像神明樣个醫生。」

「赤ひげ先生こそ、まことの医者だ」
「紅鬚醫生係真正个醫生。」

と、赤ひげ先生を頼って来たのです。
所以盡多人去拜託紅鬚醫生。

ある晩の事、そんな赤ひげ先生の所へ、一人のおばあさんが杖をついてやって来ました。
有一暗晡,一個老阿婆怙等棍仔行來紅鬚醫生診所。

「先生、実はわしの息子に、とんでもない悪い癖がありまして、ほとほと弱っとります。
ひとつ先生のお力で、息子の悪い癖を治して下さい。
「先生,𠊎倈仔有一種壞習慣,緊來緊壞。請先生醫好吾倈个壞習慣。

どうか、よく効く薬を作って下さい」
請你合帖有効个藥仔。」

「ん、その癖とは、どんな癖ですか?」
「m11!該係麼个壞習慣?」

「それが、お恥しい話ですが、息子には泥棒の癖がありましてな。
「該啊,講著盡見笑,吾倈仔有做賊个壞習慣,

そのうち、お役人さまに捕まって大変な目に会うのではないかと思うと、この先、安心して死ぬ事も出来ません。
想著毋知幾時會分官府捉去、判罪時節,恁樣形死都毋安心。

先生、どうか泥棒の治る良い薬をお願いします」
先生拜託無論仰般愛合帖治療賊仔个有效藥仔。」

「泥棒か、・・・確かにそれは、困った癖だな」
「賊仔係啊?...確實係無結煞个壞習慣。」

さすがの赤ひげ先生も、泥棒を治す薬は持っていません。
連紅鬚医生也無治療賊仔个藥仔。

(さて、どうしたものか)
(仰般好哪?)

赤ひげ先生は、自慢のあごひげをなでながら考えていましたが、やがて、
紅鬚醫生一片用手抹佢盡沙鼻个鬚一片想,一下仔,

「おお、そうだ。よし、そこでしばらく待っていなさい」
「哦,係哪。你等一下。」

と、すぐに薬研(やげん→薬草などをすりつぶして、粉薬を作る道具)で何やら粉薬をつくって、紙に包んで持って来ました。
講忒黏時用擂缽擂出毋知麼个藥粉,用紙包等拿過來。

「おばあさん。
「老伯姆,

息子が泥棒に入りたくなったら、すぐにこの薬を飲ませなさい。
若係毋想若倈仔再過做賊仔,這藥仔煞煞拿分若倈仔食,

きっと、泥棒が出来なくなるはずだ。
包佢毋會再過做賊仔。

それを何度か繰り返せば、そのうちに泥棒癖も治るだろう」
來來回回多食幾帖,自然做賊仔个習慣斯會戒忒!」

「ありがたや、ありがたや」
「承蒙你!承蒙你!」

おばあさんは赤ひげ先生に何度も頭を下げると、喜んで帰って行きました。
老阿婆緊頷頭承蒙,歡歡喜喜行轉去。

さて、この出来事を奥から見ていた赤ひげ先生の弟子たちは、感心した様子で尋ねました。
這兜事情發生个經過,分屋肚个紅鬚醫生个弟子看著,非常佩服个樣仔來問講:

「薬で、泥棒の癖まで治せるとは知りませんでした。
それで一体、どんな薬を処方されたのですか?」
「用藥仔做得治療做賊个習慣,吂識聽過,到底合麼个藥仔?」

すると、赤ひげ先生は、
紅鬚醫生講:

「ん、お前たちも良く知っている薬だぞ。
「你兜大家乜盡了解藥仔,

薬というものは患者の症状に合わせて、医者がそれに見合った薬を選ぶのじゃ。
人講藥仔係愛合得著患者个症頭,醫生配合症頭來合藥仔,

お前も医者になったつもりで、わしがどんな薬を出したか考えてみなさい」
と、言いました。
你兜大家另擺乜愛做醫生,𠊎拿麼个藥仔你兜想看哪!」

弟子たちは頭をひねって考えましたが、泥棒を治す薬なんて見当もつきません。
該兜弟子想去想轉頭那會想必忒,想毋出治療做賊个壞習慣个藥仔。

「先生、降参です。私たちでは、とても無理です。是非、その薬の作り方をお教え下さい」
「先生,𠊎認輸了!𠊎兜無該能力,請你一定愛教𠊎兜該藥仔个合法。」

すると赤ひげ先生は、ひげをなでながら言いました。
紅鬚醫生一片用手抹佢盡沙鼻个鬚仔一片講:

「わしは、肺臓(はいぞう)をかわかす薬を包んでやったんじゃ。
「𠊎包分佢个係肺燥个藥仔。」

肺臓をかわかすと、咳(せき)が出るだろ。
肺燥會嗽無係咩。

咳がゴホゴホと出れば、泥棒どころではないからな。あはははははは」
「kog2 kog2 滚緊嗽,哪還會有賊仔?啊哈哈!」

それを聞いた弟子たちは、やっぱり赤ひげ先生は日本一の名医だと思ったそうです。
該兜師仔聽著,認為紅鬚醫生正係日本最慶个名醫。

おしまい
煞咧

前のページへ戻る

     4月30日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
図書館記念日
きょうの誕生花
瑠璃唐草(るりからくさ)
きょうの誕生日・出来事
1972年 常盤貴子 (女優)
恋の誕生日占い
笑顔の可愛い、ちょっぴりドジで、お茶目
なぞなぞ小学校
木が1本もないジャングルは?
あこがれの職業紹介
宇宙飛行士
恋の魔法とおまじない 121
縁切りのおまじない
  4月30日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
泥棒を治す、赤ひげ先生
きょうの世界昔話
カメのこうらはヒビだらけ
きょうの日本民話
年貢米の一俵が、平戸藩だけ少ないわけ
きょうのイソップ童話
医者と病人
きょうの江戸小話
ウマの尻尾
きょうの百物語
大蛇とお尻
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識