福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 10月の日本昔話 > 竹の子童子

10月18日の日本の昔話

竹の子童子

竹の子童子

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
筍の折り紙たけのこ    男の子の折り紙おとこのこ

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかしむかし、三ちゃんという、おけ屋の小僧さんがいました。

 ある日の事、三ちゃんは竹やぶへ竹を切りに行きました。
「どの竹を切ろうかな?」
 三ちゃんがひとりごとを言うと、後ろの方から、
「・・・三ちゃん、・・・三ちゃん」
と、小さな声も聞こえました。
「おや、だれだろう?」
 三ちゃんは、グルリとあたりを見回しました。
 しかし、誰もいません。
 ただ竹が、ザワザワとゆれるばかりです。
「なんだ、誰もいないじゃないか」
 三ちゃんが歩き出すと、また、
「三ちゃあん、三ちゃあん」
と、さっきよりも大きな声が聞こえるのです。
「誰だい? さっきから呼んでるのは? どこにかくれているんだ?」
 三ちゃんが言うと、すぐそばの竹が答えました。
「ここだよ、ここだよ。この竹の中だよ」
「この竹の中?」
 三ちゃんは、竹に耳をつけてみました。
 すると竹の中から、はっきりと声が聞こえてきます。
「三ちゃん、お願いだよ。この竹を切っとくれ」
 そこで三ちゃんは、その竹を切り倒してみました。
 すると竹の中から、小さな小さな男の子が飛びだしてきたのです。
「わぁーい、助かった。ありがとう!」
 その男の子は、三ちゃんの小指ぐらいの大きさです。
「お前は、何者だ?!」
「ぼくは、天の子どもだよ」
 小さな男の子は、ピョンと三ちゃんの手のひらに飛び乗りました。
「ゆうべ、流れ星に乗って遊んでいたら、いじわるな竹がぼくを閉じこめてしまったんだ。でも三ちゃんのおかげで、助かったよ。これでやっと、天に帰れる」
「そうか、それはよかったね。でもどうして、ぼくの名まえを知ってるの?」
「天の子はね、世界中の事をみんな知っているんだよ」
「ふーん、すごいね。それで、きみの名前は?」
「ぼくの名前は、竹の子童子(たけのこどうじ)だよ」
「竹の子童子か。いくつ?」
「ぼくの年かい? まだ、たったの千二百三十四才だよ」
「うへぇ!」
 三ちゃんがビックリすると、竹の子童子はニコニコして言いました。
「助けてもらったお礼に、三ちゃんの願いをかなえてあげるよ」
「ほんとうかい?」
「ほんとうさ。天の子は、うそをつかないんだ。それで、何が願いだい?」
 三ちゃんは、しばらく考えてから答えました。
「ぼくを、お侍にしておくれ。強いお侍になって武者修行(むしゃしゅぎょう)にいきたい」
「よし、じゃ、目をつぶって」
 三ちゃんが目をつぶると、竹の子童子が大きな声で言いました。
「竹の子、竹の子、三ちゃんをお侍にしておくれ。・・・ほら三ちゃん、お侍になったよ」
 三ちゃんが目を開けると、そこはにぎやかな京の都で、三ちゃんはいつの間にか立派なお侍になっていました。
「わあ、ほんとうにお侍だ! 竹の子童子、ありがとう」
 三ちゃんが手のひらを見ると、竹の子童子はいなくなっていました。

おしまい

前のページへ戻る


    10月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
フラフープの日
きょうの誕生花
綿(わた)
きょうの誕生日・出来事
1982年 森 泉 (モデル)
恋の誕生日占い
芸術のセンスがあり、自分を表現するのが得意
なぞなぞ小学校
山で短歌を詠む県は?
あこがれの職業紹介
バス運転士
恋の魔法とおまじない 292
苦手な相手と話しやすくなる
 10月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
竹の子童子
きょうの世界昔話
金になったお姫さま
きょうの日本民話
二宮金次郎(尊徳)
きょうのイソップ童話
ネズミとイタチ
きょうの江戸小話
よく見届ける
きょうの百物語
二匹の親子グモ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識