福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 日本昔話 > その他の日本昔話 >田植え地蔵

第 24話

田植え地蔵

田植え地蔵

 むかしむかし、あるところに、働き者のおじいさんとおばあさんが住んでいました。
 二人は毎日、仲良く山の田んぼに出かけます。
 その途中の道ばたに、小さなお地蔵さまありました。
 おじいさんとおばあさんは、毎日そのお地蔵さまに手を合わせます。
「今日も元気で、働けます様に」

 やがて春が過ぎて、田植えの時期が来ました。
「さあ、頑張って田植えをせなゃ」
 けれども年老いた二人では、なかなか田植えがはかどりません。
 するとそこへ、坊主頭の元気な男の子がやって来ました。
「なあ、おいらが手伝ってやろうか?」
「それはありがたい。それじゃあ、頼んでもいいかな」
「まかせとけ」
  男の子は田植えがとても上手で、見る見るうちに苗を植えていきます。
「はあ、若いのに、大したものじゃ」
 おじいさんとおばあさんは、ただ見とれるばかり。
 そして三日はかかる田植えが、昼前には終わってしまったのです。
「じゃあ、田植えが終わったから、おいらは帰るな」
 男の子はそう言うと、大急ぎで山を下りて行きました。
「ああ、ちょっと待ちなさい。まだ礼もしとらんのに」
 おじいさんとおばあさんは男の子の後を追いかけましたが、いつものお地蔵さまのところで男の子を見失ってしまいました。
 おじいさんは、お地蔵さまに尋ねました。
「あの、お地蔵さま、ここに男の子は通らなかったかのう。・・・おや?」
 おじいさんがお地蔵さまの足元を見てみると、田んぼの泥がベッタリとついています。
 そして顔をよく見てみると、何とお地蔵さまの顔は、さっきの男の子にそっくりではありませんか。
「おおっ、わしらの田植えを手伝ってくれたのは、お地蔵さまでしたか。ありがたい、ありがたい」
 それからおじいさんとおばあさんは今まで以上に心を込めて、毎日毎日おじぞうさまに手を合わせました。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識