福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 日本昔話 > その他の日本昔話 >上と下

第 40話

上と下

上と下

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
苺の折り紙いちご   大根の折り紙だいこん

 あるとき、お百姓(ひゃくしょう)が畑をたがやしていると、鬼がヌーッと顔を出しました。
「ウヒャーー!」
 お百姓がビックリしていると、
「おい、百姓、おめえ何をしとるだ」
「あ、ああ。うめえ野菜をたんと作ってるだよ。どうだ、ほしけりゃ畑さたがやすのを手伝わんかい」
「ああ、ええとも。うめえ野菜が食えるんならやるだよ」
「けど鬼さんよ、分けるときにけんかになると、おら、おっかねえだべ。今から決めておくことにするべえ。畑の上さできたもんは鬼さんのもの、下にできたもんはおらのものにすべえ」
「よし、おらが上のもんさ、もらうだべな」
 話は決まると、鬼とお百姓は毎日せっせと水をやったり、草をとったり。
 やがてできたのは、とても大きな大根です。
 お百姓はみずみずしい大根を持って帰って大喜び。
 でも、鬼はしなびた葉っぱばかりです。
「おいおい百姓、ずるいぞ。もういっぺんタネをまくだ。で、今度はおらが畑の下、おめえが上のもんさ取るだ」
「ああ、ええとも。今度は鬼さんに下にできたもんば、やるべえ」
 そういいながらまた、二人はせっせと働きました。
 やがて夏になって畑にできたのは、まっ赤なイチゴです。
 お百姓は甘い実をカゴいっぱいに入れて帰り、鬼がくきを引っこ抜くと、細い根っこしかついていませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識