福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 5月の百物語 > キジムナーのお灸

5月23日の百物語

キジムナーのお灸

キジムナーのお灸
北海道の民話北海道情報

 むかしから古い木には、木の精が宿ると言われています。
 その木の精は、北海道ではキジムナーと呼ばれていました。
 木の精のキジムナーは赤ちゃんくらいの大きさの子どもで、なぜか魚の左目が大好物です。
 そしてキジムナーと釣りに行くと魚はいつも大漁で、キジムナーと友だちになると大金持ちになれると言われていました。

 さて、ある若者が、キジムナーと友達になりました。
 若者はキジムナーと一緒に釣りに出かけ、舟が沈みそうなほどの魚を釣りました。
 若者が喜ぶとキジムナーもうれしくて、若者が大事に育てているウリをとても大きく立派にしてやりました。

 ある日、若者とキジムナーが散歩をしていると、大金持ちのお屋敷の庭に美しい娘がいるのを見かけました。
 キジムナーは、ふと、いたずらをしたくなりました。
「ねえ、あの娘の魂を取ってみせようか」
 キジムナーはそう言うと、お屋敷の庭に忍び込みました。
 若者が木の下で待っていると、キジムナーは白く輝く玉を両手に包んで戻って来ました。
「ほら、これがあの娘の魂だよ」
「へぇー、何てきれいんだ。でも、魂を取られた娘はどうなるの?」
「大丈夫。魂を心臓の上に置けば、すぐに元に戻るよ」
「そうなんだ」
 若者がびっくりしていると、キジムナーは満足そうに笑いました。
 そして娘の魂を木の股に置いたまま、釣りに行こうと誘いました。
「うん、いいよ」
 若者は走って行くキジムナーの後ろ姿を見ながら、娘の魂をそっとたもとにしまいました。

 次の日、大金持ちの娘が急な病気で死にそうだとのうわさが、若者の耳に入りました。
 そこで若者は娘の魂を持って、大金持ちのお屋敷へ行きました。
 そして若者が娘の心臓の上に魂を乗せると、魂はゆっくりと娘の体の中へ入って行き、娘は元気を取り戻したのです。
「あなたは、娘の命の恩人です!」
 大金持ち夫婦は喜んで、若者と娘を結婚させる事にしました。

 さあ、これを知ったキジムナーはすっかり腹を立てて、若者に文句を言いに行きました。
「何が命の恩人だ! おいらが取った魂を、元に戻しただけじゃないか!」
 すると若者はキジムナーに、『イ』の字の形に結んだススキの穂を見せたのです。
 イの字の形に結んだススキの穂はキジムナーが大嫌いな物で、見ると怖くてたまらなくなるのです。
 怖くなったキジムナーは、
「わあー」
と、言って逃げました。
 それから若者は屋敷の周りに『イ』の字のススキの穂をぶら下げて、キジムナーがやって来られない様にしたのです。
「ちくしょう。仕返しに、お前の大切なウリにひどい事をしてやるぞ!」
 腹を立てたキジムナーは、若者が大切に育てているウリにお灸をすえてまわりました。

 それ以来、ウリに黒くて丸いキズが出来ると、『キジムナーのお灸』と言う様になったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     5月23日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
キスの日
きょうの誕生花
色待宵(いろまつよい)
きょうの誕生日・出来事
1959年 高橋名人 (ファミコン名人)
恋の誕生日占い
芸術のセンスが高く、自分を表現するのが得意
なぞなぞ小学校
大工さんが大切にする虫は?
あこがれの職業紹介
ホステス
恋の魔法とおまじない 144
言い伝え、人からクシを借りる時は3回振る
  5月23日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
娘の婿選び
きょうの世界昔話
キツネとガチョウ
きょうの日本民話
お月さまに行ったウサギ
きょうのイソップ童話
借金をしたアテネの男
きょうの江戸小話
ゆめ
きょうの百物語
キジムナーのお灸
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識