小学生童話 幼稚園・保育園の童話集 福娘童話集
ふくむすめどうわしゅう > しょうがくせいどうわ > ほいくえん・ようちえんのおはなし > にほんみんわ > ろうどく > びんぼうになりたい おかねもち
         め に ゅ ー

福娘童話集
にほん むかし ばなし
せかい むかし ばなし
にほん みんわ
いそっぷ どうわ
えど こばなし

おはなし  いちらん

しょうがくせい どうわ
こ う こ く
 


ほいくえん・ようちえん の にほんみんわ

びんぼうになりたいお金持ち

びんぼうになりたい おかねもち
ひょうごけん の みんわ

♪ おはなしをよんでもらう
音声 悠が童話を読んでみます

 むかしむかし あるところに とても おかねもちの いえが ありました。
「もう おかねなんか いらない」
と いつも いっているのに どうしたことか おかねは どんどん たまる ばかりです。
 そこで まずしい ひとたちに おかねを かしてあげることに しました。
 そのとたん おかねもちの いえに おおぜいの ひとが やってきて ごはんを たべるひまも ありません。
 しばらくたつと こんどは かりた おかねを かえしにくる ひとも ふえてきて もうたいへんな いそがしさです。
(よわったなあ。 このままじゃ ゆっくり ねむることも できない。 どうしたものか?)
 おかねもちは いろいろと かんがえて 
(そうか おかねが たまりすぎるから こんなことに なってしまったのだ。 のんびり くらすには びんぼうに なれば いいんだ)
と きがつきました。
 さっそく おかねもちは いえの おもてに おおきな はりがみをして つぎのように かきました。
《おかげさまで おかねは ほとんど なくなりました。 だから きょうかぎりで おかねを かすのを やめることにします。 おかねを かりた ひとは もう かえさなくても けっこうです》
 はりがみの おかげで いえへ くるひとも いなくなり やっと しずかに なりました。
(さあ これで びんぼうに なれるぞ)
 ところが もともと おかねもちの いえだったので りっぱな どうぐや めずらしいものが たくさんあり うれば たちまち おかねが たまって しまいます。
 そこで これも きんじょの ひとに ただでやり やしきの にわに はえている みごとな うえきも ぜんぶ きりたおして たきぎに してしまいました。
 ついでに にわの あちこちにある おおきな いしまで とりのぞくことに しました。
「なにも そこまで しなくても」
 きんじょの ひとが いいましたが おかねもちは 
「いや なんとしても びんぼうになり これからは のんびり くらすのだ」
と いって おおぜいの ひとを よんで いしを はこびだしました。
 すると とりのぞいた いしの あとから おおきな つぼが いくつも でてきました。
「おや? なんだろう?」
 おどろいて ふたを とると どのつぼにも きんぴかの こばんが つまっています。
 どうやら このいえの せんぞが うめておいた ものらしく つぼの ふたの うらには 
《これを しそんに のこす。 たいせつに つかってくれ》
と かいてありました。
 これには さすがの おかねもちも まいりました。
「なんてことだ。 ごせんぞさまが たいせつに つかってくれと かいてあるので ひとにやるわけにも いかないし ・・・まったく びんぼうしたいと おもっているのに こんなたいきんが でてくるなんて わしは よっぽど うんの わるい にんげんだ」
と なんども ためいきを ついたと いうことです。

おしまい

前のページへ戻る


       福娘のサイト

366日への旅
きょうの記念日
毎日の素敵な記念日をイラスト付きで紹介。
きょうの誕生花
毎日の誕生花を花写真付きで紹介。
きょうの誕生日・出来事
有名人の誕生日やその日の出来事と性格判断
       福娘のサイト

子どもの病気相談所
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
       福娘のサイト

世界60秒巡り
世界60秒巡り
世界の国旗・国歌・国鳥・観光名所などを紹介。
世界遺産巡り
日本と世界の世界遺産を写真付きで紹介。
都道府県巡り
47都道府県の豆知識。
県章、県鳥、県花、観光名所など。