アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 鉢かづき姫(4kHD)

鉢かづき姫(4kHD)
アニメサイズ Max 2880×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。




鉢かづき姫(4kHD)
大阪府の民話 → 大阪府の情報

イラスト版 えほん版

 むかしむかし、河内の国(かわちのくに→大阪)に、ひとりの大金持ちが住んでいました。
 なに不自由ない暮らしをしていましたが、子どもだけはどうしてもさずかりません。
 それで毎晩、長谷寺(はせでら)の観音さま(かんのんさま)に手を合わせてお願いをして、ついに念願の子どもが生まれたのです。
 その子どもはお母さんによく似た、美しい姫です。
 ところが姫が十三才になった年、お母さんは重い病気にかかりました。
 お母さんは、姫を枕元に呼ぶと、
「わたしはまもなく遠い所へ行きます。
 わたしがいなくなるのは運命ですから、悲しむ必要はありません。
 さあ母の形見に、これを頭にのせていなさい。
 きっと、役に立ちますからね」
 そう言って重い箱を姫の頭の上にのせたばかりか、大きな木の鉢(はち)までかぶせました。
 そして、お母さんはなくなりました。
 お父さんは姫の頭の上の鉢を取ろうとしますが、どうしてもはずせません。
 そのために姫は『鉢かづき』といって、バカにされたり、いじめられたりしました。

 やがてお父さんに、二度目の奥さんがやってきました。
 この新しいお母さんが悪い人で、鉢かづき姫にいじわるをしたり、かげ口をたたいたり、最後にはお父さんをうまくだまして、鉢かづき姫を追い出してしまったのです。
 家を追い出された鉢かづき姫は、シクシク泣きながら大きな川のほとりにやってきました。
「どこへ行ってもいじめられるのなら、ひと思いに、お母さまのそばへ行こう」
 ドボーン!
 思いきって川の流れに飛び込みましたが、木の鉢のおかげで浮きあがってしまいました。
 鉢かづき姫は、死ぬ事さえ出来ないのです。
 村の子どもたちが、鉢かづき姫に石を投げました。
「わーい。頭がおわん。からだが人間。お化けだぁー」
 ちょうどその時、この国の殿さまで山陰(さんいん)の中将(ちゅうじょう)という人が、家来を連れてそこを通りかかりました。
 中将は親切な人だったので、鉢かづきを家に連れて帰ってふろたき女にすることにしました。
 この中将には、四人の男の子がいます。
 上の三人は結婚していましたが、一番下の若君には、まだお嫁さんがいませんでした。
 心のやさしい若君は、鉢かづき姫が傷だらけの手で水を運んだり、おふろをたいたりするのを見てなぐさめました。
「しんぼうしなさい。きっと、良い事があるからね」
「はい」
 鉢かづき姫は、どんなにうれしかった事でしょう。
 こんなにやさしい言葉をかけられたのは、お母さんが死んでから初めてです。

 それから、何日か過ぎました。
 若君は、お父さんの前へ出ると、
「父上。わたしは、あの娘と結婚しようと思います。しんぼう強く、心のやさしいところが気にいりました」
と、言ったのです。
 もちろん、お父さんの中将は反対です。
「ならん! あんな、ふろたき女など!」
「いいえ! あの娘は素晴らしい女性です。あれほどの娘は、他にはいません!」
「素晴らしい? 他にはいないだと? ・・・よーし、では嫁合わせをしようではないか。兄たちの嫁と、あの鉢かづきを比べようではないか」
 三人の兄の嫁は、とても美しい娘です。
 こうすれば鉢かづき姫は恥ずかしくて、自分からどこかへ行ってしまうだろうと考えたのです。

 さて、いよいよ嫁合わせの夜がきました。
 鉢かづき姫は思わず手を合わせて、長谷寺の方をおがみました。
「お母さま。
 観音さま。
 今夜、嫁合わせがあります。
 お兄さま方のお嫁さんは、とても美しい姫君たちと聞きます。
 わたしの様な鉢かづきが出て行って、いとおしい若君に恥をかかせるくらいなら、いっそこのままどこかへ・・・」
 その時です。
 今までどうしてもはずれなかった頭の木鉢が、ポロリとはずれたのです。
 鉢の下からは、かがやくばかりの姫が現れました。
 そして鉢の中からは、金・銀・宝石があとからあとからこぼれ出ました。
 そこへ現れた若君が言いました。
「やはり、あなたは素晴らしい娘だ。さあ、美しい姫よ、嫁合わせに行きましょう」
 屋敷の中では、三人の兄たちの美しく着飾った姫たちがならんでいます。
 そこへ鉢かづき姫が、ニコニコと笑いながら現れました。
「おおーっ」
 お父さんの中将が思わず声をあげたほどの、まぶしいばかりの美しさです。
 中将は鉢かづき姫の手をとって自分の横に座らせると、若君に言いました。
「まったく、お前の言う通り素晴らしい娘だ。この娘を妻とし、幸せに暮らすがよい」
「はい、父上!」
「ありがとうございます。お父さま」
 それから若君と姫は仲むつまじく暮らして、二人の間には何人かの子どもも生まれました。

 ある時、鉢かづき姫が長谷寺の観音さまにお参りをしたときのことです。
 本堂の片すみで、みすぼらしい姿のお坊さんに会いました。
 そのお坊さんの顔を見て、鉢かづき姫はびっくり。
「まあ、お父さまではありませんか」
「姫、姫か!」
 二人は抱き合って、数年ぶりの再会を喜びました。
 すっかり落ちぶれて新しい奥さんにも見捨てられたお父さんは、鉢かづき姫を追い出した事を後悔して、旅をしながら鉢かづき姫を探していたのです。
「すまなかった。本当にすまなかった」
 泣いてあやまるお父さんに、鉢かづき姫はにっこりほほえみました。
「いいえ。いろいろありましたが、今はとても幸せなのですよ」
 それからお父さんは鉢かづき姫のところにひきとられ、幸せに暮らしました。

おしまい

イラストレーターの夢宮 愛さんが、その後のお話しを描いています。
お気軽に、お立ち寄りください。

→ その後の『鉢かづき姫』

→ 鉢かづき姫 生まれ変わった姿 (誕生日占い 9月20日より)



前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診