みんながワクワク 日本の不思議な昔話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のふしぎ話 > クジラと海のいかり
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のふしぎ話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のふしぎ話 第7話

クジラと海のいかり

クジラと海のいかり

 むかしむかし、クジラとりの村で、長いこと不漁がつづき、村のみんなは困っていました。
 そのころは、お百姓(ひゃくしょう→詳細)が米をねんぐとして代官所(だいかんしょ→江戸時代、地方をおさめた役所)などへおさめたように、そこの漁師たちも、クジラの肉を殿さまへおさめていたのです。
 クジラがやってこなくては、ねんぐをおさめたくてもおさめられません。
 ほんとうにこまっていると、ある夜、親方がふしぎなゆめを見ました。
 紋付き(もんつき)の着物をきたクジラの親がきて、
「わたしらは、あす、熊野まいり(くまのまいり→和歌山県熊野三社へのおまいり)に、子クジラをつれて、この沖を通ります。どうか、こんどばかりはお見のがしください」
と、熱心にたのむのです。
 親方は、熊野まいりだというので、
「よろしい。あすは船をださん」
と、かたくやくそくしました。
 つぎの朝早く、山の見はりに、あいずののろしがあがりました。
「クジラがきたぞ!」
と、漁師たちは小おどりして、浜へいそぎました。
 親方はおどろいて、「船を出すな!」と、とめましたが、みんなききません。
 ゆうべのふしぎなゆめの話をすると、漁師たちはわらって、つぎつぎに船をこぎだしました。
 しおをふきあげ、沖にすがたをあらわしたのは、子づれのセミクジラでした。
 このセミクジラが、いちばんお肉がおいしく、お金ももうかりました。
 親方とのやくそくを信じきっていたのか、船が近づいてきても、セミクジラの親子は、ゆうゆうと泳いでいきます。
 やがて、漁師たちの船は、親子クジラをとりまき、親クジラの頭にアミをかけました。
 ハザシとよばれる漁師が、船をこぎよせ、一番モリを親クジラにうちこみました。
 そのとたん、おこった親クジラは、おそろしいいきおいで、漁師たちの船におそいかかりました。
 ふかくもぐったかとおもうと、たちまち山のような巨体をあらわして、漁師の船を空へもちあげ、また、つよい大きな尾で、べつの船をこっぱみじんにたたきわりました。
 しかも、空がにわかにくもり、すみをながしたように、まっくらになったのです。
「シケがきたぞ。つなを切れ」
 漁師たちが気づいたときは、おそすぎました。
 突風がふきだし、海はあわだって、二、三十そうもの船は、かたっぱしから波にのまれていきました。
 ぶじに浜へもどることができた漁師は、ひとりもいなかったそうです。
 そして、このことがあってから、
「セミ(セミクジラ)の子づれは、ゆめにもみるな」
と、どこの浜でもいわれるようになったのでした。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診