心があたたまる 世界の恩返し話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界の恩返し話 > ゆうれいをせおう娘
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界の恩返し話 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


世界の恩返し話 第2話

ゆうれいをせおう娘

ゆうれいをせおう娘
スウェーデンの昔話 → スウェーデンの国情報

 むかしむかし、ある村はずれに古い教会がありました。
 この教会には、いつからか、夜になるとゆうれいがあらわれるようになったのです。
 そのゆうれいは、カラカラにひからびたミイラで、いつもお堂にすわっていました。
「きっと、わけがあるにちがいない」
 村人たちはそう思いましたが、こわいので、夜は教会に近づきませんでした。
 ある晩、村の農家に若者たちが集まって、ワイワイさわいでいるうちに、
「どうだい、あの教会のゆうれいを、ここにつれてくるものはいないか? もしつれてきたら、一番よい服をつくってやるぞ」
と、仕立て屋がいいました。
 でもゆうれいと聞いて、若者たちはだまってしまいました。
 その時、部屋のすみから、
「わたしがいくわ!」
と、いう声がしました。
 それは、この家のお手つだいの娘でした。
 この娘は、村でも評判(ひょうばん)の、元気で勇気がある娘です。
「ああ、いいだろう。できるものなら、やってみな」
 仕立て屋は、いくら娘に勇気があっても、教会までいったらきっと、こわくてないて帰ってくるにちがいないと思っていました。
 ところがどうでしょう。
 娘は本当に、一人で教会にいって、ゆうれいをおぶって帰ってきたではありませんか。
「ひええっ!」
 若者たちは、青くなりました。
 イスにすわらされたゆうれいは、暗い大きな目で、ジッと若者たちを見つめるのです。
「は、はやく、はやくつれていってくれ! 服をもう一着つくってあげるから!」
 仕立て屋は、かすれた声でいいました。
 娘はしかたなしに、またゆうれいをおぶって教会にもどりました。
 ところがこまったことに、教会についてもゆうれいは、娘の背中からおりようとしないのです。
「さあ、おりてちょうだい」
と、いっても、首にしがみついたまま、はなれようとしないのです。
「おねがい、ねえ、おりてよ」
 娘が何度もいうと、ゆうれいは、やっと口をひらきました。
「それなら、いうことをきいてくれるかい?」
「ええ、きっと」
「じゃあ、いますぐ川に行って『ペールの娘、アンナさん。トーレ・イエッテをゆるすかい?』と、大声で三回いっておくれ。その川には、わしが生きているときに殺した、かわいそうな娘がしずんでいるんだ」
「わかったわ、そういえばいいのね」
 娘が返事をすると、ゆうれいは娘の肩から手をはなしました。
 娘はすぐに、暗い道を歩いて川にいき、大声でいいました。
「ぺールの娘、アンナさん。トーレ・イエッテをゆるすかい?」
 ゆうれいにいわれたとおり三回いうと、川から女の人の声がしました。
「神さまが、おゆるしになるのなら、わたしもゆるします」
 娘はこのことばを聞くと、急いで教会にもどりました。
「何かいってたかい?」
 ゆうれいは、まちかねたように聞きました。
「ええ。『神さまがおゆるしになるのなら、わたしもゆるします』って」
「本当に、そういったんだね。わしはもう、神さまのそばで十分につみのつぐないをした。これであの世にいけるぞ」
 ゆうれいは、ホッとしたようにいいました。
「ありがとう。では今夜はもうお帰り。そして朝がくるまえに、もう一度ここにきておくれ」
 朝日がのぼるまえに、娘が教会にいくと、ゆうれいはもういませんでした。
 そのかわり、山のような銀貨がそこにおいてありました。
 娘はその銀貨を手にして、大喜びです。
 そしてそれっきり、ゆうれいはあらわれなくなったということです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診