みんなが知ってる 世界の有名な話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界の有名な話 > 王子さまの耳はロバの耳
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界の有名な話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


世界の有名な話 第45話

王子さまの耳はロバの耳

王子さまの耳はロバの耳
ポルトガルの昔話 → ポルトガルの国情報

 むかしむかし、王さまとおきさきさまがいました。
 二人には、子どもがありませんでしたが、二人とも子どもがほしくてなりません。
 そこで王さまは、あるとき三人の妖精(ようせい)をよんで、子どもをさずけてくれと、たのみました。
 すると三人の妖精は、
「そのねがい、かなえてあげましょう」
と、やくそくして帰りました。
 そしてひと月たつと、おきさきさまに王子がうまれました。
 三人の妖精は、それぞれにおくりものをすることにしました。
「世界一美しい王子に、なりますように」
と、一人の妖精がいいました。
「思いやりのある、かしこい王子になりますように」
と、二番目の妖精がいいました。
 三番目の妖精は、はじめの二人とおなじことをいおうと思っていたので、こまってしまいました。
 うまいことばが、思いつかないので、
「それでは王子に、ロバの耳がはえますように、そうすれば、けっしていばることのない王子になるでしょう」
と、口からでまかせをいったのです。
 王さまはビックリして、このさいごのねがいだけは、とりけしてくれとたのみました。
 けれども三人の妖精は、さっさと帰ってしまいました。
 まもなく王子には、ロバの耳がはえてきました。
 王さまは、
(これはこまった。やがて王になるものが、ロバの耳を持っているとわかったら、国民の笑いものになるぞ)
と、考えて、すっぽりと耳までかくれるボウシをつくらせました。
 王子はそのボウシを、朝から晩までかぶっていました。
 王子は大きくなって、髪をきらなければならなくなりました。
 王さまは、とこや(→髪の毛をきる人)をよんで、
「王子の髪をきってくれ。しかし、ボウシの下に見たものを人にはなしてはならないぞ。はなすと、命がないものと思え」
と、いいました。
 とこやは、ボウシの下に見たものを、はなしたくてはなしたくてたまりません。
 でも、王さまのことばを思いだして、ジッとだまっていました。
 ある日、とこやは教会へいきました。
 そして、
「神父さま。わたしは、だれにもいってはならない秘密をもっています。もしいえば、ころされてしまうのです。けれどもわたしは、だまっているのがつらくてなりません。どうしたらいいでしょうか?」
と、そうだんしました。
 すると神父さんは、こういいました。
「谷間へいって、穴をほりなさい。そして穴の中へ、そのひみつをなんどもいいなさい。そうすれば、きっと胸がかるくなるだろう。そのあと、穴に土をかぶせておけば、そのひみつはもれないでしょう」
 そこでとこやは、谷へいって穴をほると、
「王子さまの耳は、ロバの耳! 王子さまの耳は、ロバの耳!」
と、なんどもなんどもさけびました。
 そして、土をかぶせて家に帰りました。
 しばらくすると、とこやが穴をほったところに、アシがはえました。
 そこへヒツジ飼いがやってきて、そのアシをきって笛(ふえ)をつくりました。
 ヒツジ飼いがアシの笛をふくと、笛は一人でに、
「王子さまの耳は、ロバの耳。王子さまの耳は、ロバの耳」
と、うたったのです。
 この話はまもなく、町じゅうにひろまりました。
 そしてとうとう、王さまの耳にもとどいたのです。
 そこで王さまは、ヒツジ飼いにアシの笛を持ってきて、ふいてみるようにいいつけました。
 ヒツジ飼いは王さまの前にすすみでて、アシの笛をふきました。
 すると笛は、
「王子さまの耳は、ロバの耳。王子さまの耳は、ロバの耳」
と、うたいはじめました。
 こんどは、王さまがアシの笛をふいてみました。
 するとやっぱり、笛は、
「王子さまの耳は、ロバの耳。王子さまの耳は、ロバの耳」
と、うたいました。
「このことを知っているのは、とこやのほかに、いないはずだ」
と、いって、とこやをよびにやりました。
 とこやは、穴をほってその中に、ひみつを大声でさけんだことや、土をかぶせて穴をうめておいたことを王さまにはなしました。
「けしからん! やくそくどおり、首をはねてやるぞ!」
と、王さまは、カンカンになって怒りました。
 そのとき、わかい王子がでてきていいました。
「とこやには罪はありません。どうか、とこやの命をたすけてやってください」
 そして、
「わたしの耳のことは、もう、みんなが知っています。いまさらかくしているひつようはありません。ロバの耳をもっていても、わたしはきっと、りっぱな王になってみせます。さあ、みなさん、よくごらんなさい」
と、いって、かぶっていたボウシをとりました。
 ところがふしぎなことに、王子の頭には、もうロバの耳はありませんでした。
 じぶんのひみつをしゃべったとこやの命をすくった、このりっぱな王子さまには、いばらないようにするためのロバの耳は必要なかったからです。
 そしてそのときから、あの笛も「王子さまの耳は、ロバの耳」と、うたうことはなくなったそうです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診