みんながワクワク 世界の不思議な昔話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界のふしぎ話 > ふしぎな玉
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界のふしぎ話 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


世界のふしぎ話 第3話

ふしぎな玉

ふしぎな玉
韓国の昔話 → 韓国の国情報

 むかしむかし、ある川のほとりに、まずしいおじいさんが、イヌとネコといっしょに、なかよくくらしていました。
 おじいさんは森へいき、かれ枝をひろい集めるとそれを町で売って、そのお金でお米とお酒を買ってきました。
「さあ、おまえたち。こんやはひさしぶりに、ばんめしがたべられるよ」
 おじいさんはイヌとネコにこういいながら、お米をナベに入れて火にかけました。
 やがてお米はグツグツとにえて、おいしそうなにおいが、あたりにひろがりました。
 そのとき、
 トン、トン、トン。
と、戸をたたく音がしました。
 おじいさんが出てみると、みすぼらしい旅人が、戸口にたっていました。
 フラフラしており、今にもたおれてしまいそうです。
「わたしはおなかがすきすぎて、もううごく力もありません。どうか、食べ物をおめぐみください」
 おじいさんはすぐに、その旅人を家の中に入れて、できたばかりのおかゆをたべさせてやりました。
 それから、お酒の入ったツボを出してきて、おわんについでやろうとしました。
 ところが、旅人はそのツボをひったくると、ゴクゴクと、みんな飲んでしまったのです。
「プハー。いい気持だ。あんたは、だいじな酒と米とを、すっかりわたしにくれてしまった。お礼にこれをあげよう」
 旅人はこういって、おじいさんに小さなコハクの玉をくれました。
「これを、あの酒ツボに入れておきなさい」
 こういうと、旅人のすがたは、かきけすように見えなくなりました。
「ふしぎな旅人だ。・・・たしか、これを酒ツボに入れろといっていたな」
 おじいさんは、コハクの玉を酒ツボの中に入れてみました。
 するとふしぎなことに、みるみるうちに、酒ツボはお酒でいっぱいになったのです。
 おじいさんは、それをおわんについで飲んでみました。
「うまい!」
 おじいさんはいままで、こんなすばらしいお酒を飲んだことがありません。
 おかわりをしようと、ツボの中をのぞいてみて、おじいさんはまたビックリ。
 ツボの中のお酒は、さっきおわんについだぶんだけ、ちゃんとふえているのです。
 それからは、おじいさんのくらしは、だんだんらくになりました。
 おいしいお酒が、たちまち近所のひょうばんになって、みんなが買いにきたからです。
 けれども、お金のない人には、ただでお酒をあげました。
 こうしておじいさんとイヌとネコの三人は、なに不自由なく、たのしいまいにちを送っていました。
 ところが、ある日のことです。
 ふと、気がつくと、いつもツボいっぱいに入っているお酒が、だいぶへっているではありませんか。
 よく見ると、あのたいせつなコハクの玉が見えません。
 きっと、だれかにお酒をわけてあげたとき、その人のツボの中に、うっかりつぎこんでしまったのでしょう。
 おじいさんのお酒は、その日からふえなくなりました。
 そしてとうとう、すっかりなくなってしまいました。
 おじいさんは、またびんぼうになりました。
「さあさあ、これからまたびんぼうぐらしだ。これが、さいごのごちそうだよ」
 おじいさんはこういって、さいごのごちそうをイヌとネコにやりました。
 次の日、イヌはネコにむかっていいました。
「ぼくは、コハクの玉のにおいを知っている。そばまでいけば、きっとにおいでわかる」
 すると、ネコはいいました。
「あたしは、どこへでもコッソリもぐりこんで、さがしまわることができるわ」
「じゃあ、二人でさがしにいこう」
 イヌとネコはさっそく、近所の家を一けん一けんさがし歩きました。
 こうして、一週間がたち、二週間がたちました。
 いっしょうけんめいさがしましたが、コハクの玉は、どうしても見つかりません。
「ひょっとすると、川のむこうに住んでいる人のところじゃないかな?」
 イヌが、首をかしげていいました。
「きっとそうだわ。川のむこうをさがしてみましょう」
と、ネコがいいました。
 いまは冬で、川はこおりついていたので、二人はらくに、むこう岸まで歩いていくことができました。
 ところが、むこう岸のイヌやネコは、二人を知りません。
 ですから、イヌたちは二人が近づくと、
「ウー、ワンワン」
と、ほえたてました。
 ネコがコッソリしのびこもうとしても、すぐに見つかって、
「フーフー、ニャーオ、ニャーオ」
と、知らないネコからしかられました。
 そこで二人は、人間も、イヌも、ネコも、みんなねしずまってから、コッソリさがしまわりました。
 でも、やっぱりコハクの玉は見つかりません。
 さむい冬がすぎて、もうすぐ春がやってきます。
 川の氷は、とけはじめました。
 けれども、コハクの玉は見つかりません。
「ああ、おじいさんは、食べ物もなくてこまっているだろうなあ」
と、イヌがつぶやくと、ネコがいいました。
「ねえ、あたしたち、新しい主人をさがしましょうか? おじいさんといっしょに、うえ死にするのもいやだし」
「この恩(おん)しらずめ! さんざんせわになっていながら、こまっているときにたすけないのか!」
 イヌは、おこって、ほえたてました。
「ご、ごめんなさーい」
 ネコは、背中をまるめて小さくなりました。
 その日の夕がた、二人はいままできたこともないほど遠くの、ある一けんやにつきました。
 イヌは、家の外がわをまわって、さがしました。
 ネコは、台所から中へもぐりこんで、さがしました。
 そして、イヌがものおきに近づいたときです。
「クンクン。・・・あっ、このにおいは!」
 あの、コハクの玉のにおいがしてきたのです。
 イヌはいそいで、ネコをよびました。
 二人はそっと、ものおきの中にしのびこみました。
 どうやらにおいは、ものおきのすみっこにある、ほこりをかぶった箱(はこ)からしてくるようです。
 きっと、この家の人は、コハクの玉にふしぎな力があることを知らないのでしょう。
「どうやって、この箱のふたをあけようか」
 二人はそうだんして、その家にいるネズミにたのみました。
 ネズミはその箱をいっしょうけんめいかじって、穴をあけてくれました。
 さっそくネコが、そこから手をつっこんでみました。
 ところが、ネコの手はみじかくて、コハクの玉までとどきません。
 それを見て、ネズミは小ネズミをよびました。
 小ネズミは穴の中にもぐりこんだかと思うと、コハクの玉をしっぽにまいてでてきました。
 イヌとネコは、大喜びです。
 二人はネズミたちに、なんどもなんどもお礼をいって、夜のあけるのもまたずに、川岸へもどってきました。
 ところが川の氷は、もうすっかりとけてしまい、にごった水がごうごうと、音をたてて流れています。
「こまったわねえ。あたしは、泳げないんです」
と、ネコはなきそうになりました。
「だいじょうぶ。きみは、このコハクの玉をしっかりくわえて、ぼくの背中にお乗り」
 イヌはこういって、ネコを背中に乗せました。
「いいかい。しっかりつかまっているんだよ。どんなことがあっても、口をあけてはいけないよ」
 イヌは川の中へはいって、泳ぎだしました。
 川の水はとてもつめたくて、イヌの足は、いまにもこおりそうでした。
 けれども、かわいそうなおじいさんがまっていることを思うと、イヌはがんばって泳ぎました。
 そして、ようやく岸辺に近づいたそのとき、
「ヤーイ。イヌの背中に、ネコが乗ってるぞう」
と、子どものさけぶ声がしました。
「どれ、どれ。へえ、おもしろいなあ」
 子どもたちが岸ベに集まってきて、みんなでゲラゲラ笑いだしました。
 それを見ると、ネコもなんだかおかしな気がしてきて、思わず「ククッ」と、笑いかけました。
「だめだっ。笑ってはいけない」
と、イヌがいいましたが、ネコはとうとうがまんができなくなって、「ププーッ」と、ふきだしてしまいました。
 それといっしょに、口にくわえていた玉が、ポロリと川の中へおちました。
 イヌはあわてて水の中にもぐって、玉をひろおうとしましたが、背中には泳げないネコがいるので、先にネコを岸にあげてから、イヌは川の底にしずんだコハクの玉をさがしました。
 でも、コハクの玉は見つかりません。
 ネコはイヌにおこられるのがこわくて、高い木の上にのぼってしまいました。
 イヌはなんどもなんども川にもぐって、コハクの玉をさがしましたが、もうヘトヘトになって動くことができません。
 するとそこへ、近くで魚をつっていた人が、イヌのそばへやってきました。
「どうした? はらがへってうごけないのか? ようし。こいつはさっきつったやつだが、小さいからおまえにやるよ」
と、いって、魚をなげてくれました。
 そのときイヌは、おじいさんのことを思いだしました。
「玉は見つからなかったけど、これを持っていってあげたら、おじいさんはきっと喜ぶだろう」
 そのころおじいさんは、お金がないので、何日ものあいだ何もたべていませんでした。
 イヌもネコも、新しい主人をさがしていってしまったのだろうと、思っていました。
 そこへ、イヌが魚をくわえて帰ってきたのです。
 おじいさんは、なみだを流して喜びました。
 そしてさっそく、魚を焼こうとして、魚のおなかをさきました。
 すると、コロリと小さなものがころがりでました。
 なにげなく手にとってみると、なんとそれは、あれほどさがしていたコハクの玉だったのです。
 コハクの玉のおかげで、おじいさんのくらしは、またらくになりました。
 イヌはいつもおじいさんのそばによりそって、いろいろとせわをしてあげました。
 けれどもネコはイヌにおこられるのがこわくて、けっして二人のそばへは近よらせませんでした。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診