頭がよくなる 世界のとんち話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界のとんち話 > ロバとおじいさん
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界のとんち話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


世界のとんち話 第4話

ロバとおじいさん

ロバとおじいさん
イランの昔話 → イランの国情報

 むかしむかし、とても正直者のおじいさんがいました。
 このおじいさんは、うそというものを知りません。
 世の中にはうそつきがいるということも知らないので、生まれてから一度も、人をうたがったことがありませんでした。
 ですから、このおじいさんは、よく人にだまされました。
 でも、いくらだまされても、だまされたと思っていないのです。
 ある日、おじいさんは長いことかっているロバをつれて、市場へ買い物に出かけました。
 ところがドロボウたちがそれを見て、ヒソヒソと相談をはじめたました。
「しめしめ、正直おやじが通るよ。ちょうどいい。あのロバを手に入れようじゃないか。みんな、ちょっと耳をかせ」
 ドロボウたちは、そっと足音をしのばせて、おじいさんのひくロバのうしろへしのびよりました。
 でも、おじいさんはまったく気がつきません。
 世の中に悪者がいるなんて知らないのですから、ちっとも用心しないのです。
 鼻歌を歌いながら、のんきに歩いていました。
 ドロボウたちは、ロバをひいていたたづなをほどいて、仲間の一人の首にむすびつけました。
 そしてほかのドロボウたちは、さっさとロバをひいて、どこかへいってしまったのです。
 しばらくすると、首にたづなをつけたドロボウが、道のまん中で急にたちどまりました。
 おじいさんはまえをむいたまま、グイグイたづなをひっぱりますがドロボウはまったく動きません。
「おいおい、どうしたんだい?」
 ふりむくと、いつのまにかロバが人間にかわっています。
「うひゃ! ロバが人問に化けた!」
 おじいさんは、ビックリして腰をぬかしそうになりました。
 するとドロボウは、悲しそうな顔でいいました。
「おやさしいだんなさま、どうぞそんなにビックリなさらないでください。じつはわたしは、もともとは人間だったのでございます。ところがある時、たいそう悪いことをしでかしてしまいました。その時、母がわたしをしかって『ロバになっておしまい』といったのです。そのとたんに、神さまはわたしをロバにかえてしまわれました。やがてわたしは、だんなさまにかわれて、長いあいだおつかえしてまいりました。ところが、さっきとつぜん魔法がとけたのです。きっと神さまがわたしを、おゆるしくださったのでしょう。ああ、うれしい。やっと人間にもどれたのです」
 この話を聞くと、正直者のおじいさんは、ポロポロと涙をこぼしました。
「それは気のどくなことをしました。どうかゆるしてください。そんなこととは知らず、わたしはあなたをこきつかったり、ムチでたたいたりしてしまいました。本当に長いこと、よくはたらいてくれてありがとう」
 おじいさんはドロボウに何度もおじぎをして、たづなをほどきました。
「さあ、これからはすきなところへいって、幸せにくらしてください」
 ドロボウは横をむいてニヤリとわらうと、急いで仲間のところへ走っていってしまいました。
 つぎの日、おじいさんは市場へかわりのロバを買いにいきました。
 ところが市場につくと、人間にもどったはずのロバが、おじいさんの顔を見てすりよってきたのです。
 おじいさんは、こわい顔で、
「おまえ、どうしたんだ! きっとまた神さまをおこらせたんだな。そしてロバにされたんだろう。もうおまえの顔なんか、見たくないよ!」
と、いったのです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診