頭がよくなる 世界のとんち話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界のとんち話 > かしこいお医者のやせ薬
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界のとんち話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


世界のとんち話 第6話

かしこいお医者のやせぐすり

かしこいお医者のやせ薬
タンザニアの昔話 → タンザニアの国情報

♪音声配信
まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、あるところに、ふとった女の人がいました。
 あまりにもふとりすぎて、もう、歩くのがやっとというありさまです。
 女の人はどうにかしてやせたいと思って、ヨタヨタと、お医者のところへいきました。
「先生、わたしはドンドンふとるばかりで、いまにはれつしそうです。ぜひ、やせるお薬をください」
 女の人は、いっしょうけんめいにたのみました。
「きょうは、しんさつ代だけはらっておかえりなさい。あしたまた、きてください」
 お医者は高いお金をとって、女の人をかえしました。
 あくる日、女の人はお医者のところヘいきました。
 お医者は、女の人の頭のてっぺんから足の先までながめました。
 それからお医者は、おもおもしくはなしだしました。
「おくさん。きのうわたしは、2万1783さつの書物をよみ、1800万の星をうらなってみました。それによると、あなたはあと七日しか命がありません。もうじき死ぬのに、くすりもいらないでしょう。お帰りになって死ぬときをおまちなさい」
「!!!!!!」
 ふとった女の人は、それを聞いてガタガタふるえだしました。
 帰るとちゅうも帰ってからも、死ぬことばかり考えつづけました。
 朝から晩まで、あとなん日、あとなん時間生きていられるかと、そればかり考えつづけました。
 なんにも、のどを通りません。
 夜もねむれません。
 女の人は日ましに、いいえ、一時間ごとにやせていきました。
 七日間がすぎました。
 女の人はかくごをきめると、しずかに横になって、死ぬのをまちました。
 けれども、いっこうに死にません。
 八日すぎても、九日すぎても、やっぱり死にません。
 十日目になると、とうとう女の人はがまんできなくなって、お医者のところへかけつけました。
 すっかりやせた女の人は、らくらくと走ることができました。
「あなたは、なんてへたくそなお医者なんでしょう! あんなにお金をとっておきながら、人をだましたのね! 七日したら死ぬって、おっしゃいましたけど、もう、きょうは十日目ですよ。このとおり、ピンピンしているじゃありませんか!」
 女の人は、ものすごいいきおいでもんくをいいました。
 お医者は、おちつきはらって聞いていましたが、ふと、女の人に聞きかえしました。
「ちょっとうかがいますが。あなたはいま、ふとっていますか? やせていますか?」
 女の人は、こたえました。
「やせましたとも。死ぬのがおそろしくて、食べ物ものどを通りませんでしたからね」
 すると、お医者はいいました。
「そうでしょう。その、おそろしいと思う気持が、やせぐすりだったのですよ。これでもあなたは、わたしをへたくそな医者だと、いわれるのですか?」
「あっ・・・」
 女の人は気がついて、笑いだしました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診