みんながドキドキ 世界の恋物語 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界の恋物語 > ローザとジバル
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界の恋物語 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


世界の恋物語 第7話

ローザとジバル

ローザとジバル
クロアチアの昔話 → クロアチアの国情報

♪音声配信
まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、あるところに、三人の娘をもったお金もちの商人(しょうにん)がいました。
 上の二人はわがままで、一日じゅう、おしゃれをすることばかり考えていました。
 けれども、いちばん下のローザは、気だてのやさしいお父さん思いの娘でした。
 お父さんは、運のわるいことがつづいて、財産をすっかりなくしてしまいました。
 でもわずかですが、まだ遠くの町に、お金があずけてあります。
 そこでお父さんは、お金をとりに、旅にでかけることにしました。
 ところが上の娘たちは、お父さんがびんぼうになったって、そんなことはおかまいなしです。
「お父さん。おみやげには、絹(きぬ)のきものと宝石を買ってきてね」
と、ねだりました。
 お父さんは、だまっている下の娘にたずねました。
「ローザ。おまえはなにがほしいかね?」
「小さなバラの花を一本ください。ほかのものは、なにもいりませんわ」
と、ローザはこたえました。
 お父さんは、遠くの町まででかけました。
 その帰りにお父さんは道にまよって、いつのまにか深い森の中へはいってしまいました。
 あいにくの大雨で、びしょぬれです。
 しかも運のわるいことは続くもので、強盗(ごうとう)にあって、お金もウマも荷物も、そっくりとられてしまったのです。
 お父さんは雨の森をあてもなく、トボトボと歩いていきました。
 ふと見ると、遠くのほうにあかりが見えます。
 お父さんは、そのあかりをめざして歩いていきました。
 そして、ご殿のようにりっぱな家の前にでました。
 お父さんはヘトヘトにつかれており、しかもおなかはペコペコです。
 思いきって、中へはいってみました。
 そこは台所で、だれもいないのに、かまどがあかあかともえていました。
 お父さんは、ぬれたきものをかわかすと、つぎのへやへはいってみました。
 そこは、食堂でした。
 だれもいないのに、テーブルには食事のしたくがしてあって、スープがおいしそうなにおいをたてていました。
 お父さんは、もうたまらなくなって、スープを飲みはじめました。
 するとおどろいたことに、スープを飲みおえると、いつのまにかお皿がかわって肉がでてきました。
 こうしてお皿はつぎつぎとかわって、さいごにはコーヒーまででたのです。
 おなかがいっぱいになったので、お父さんはとなりのへやへはいってみました。
 そこにはりっぱなベットがあって、いつでもねられるようになっていました。
 お父さんは絹のふとんにくるまって、朝までグッスリとねむりました。
 あくる朝、お父さんがおきると、食堂には朝の食事ができていました。
 お父さんは食事をすましてから、庭にでてみました。
 そこは、いままで見たこともないほど美しい庭で、ありとあらゆる果物(くだもの)がなり、美しい花がさいていました。
 バラの花を見たとき、お父さんはローザとのやくそくを思いだしました。
「そうだ。一本だけ、もらっていこう」
 お父さんが一本のバラを、おったとたん、とつぜんおそろしいもの音がして、おそろしいすがたの魔物があらわれました。
「わしの家にだまってはいって、たいせつなバラをぬすむとはなにごとだ! おまえの首をヘしおってやるぞ!」
 お父さんはおどろいて、自分のふしあわせな旅の話や、ローザとのやくそくのことをはなしました。
 すると魔物は、こわい声でいいました。
「では、わしのたいせつなバラをおったかわりに、おまえのいちばんだいじなものをよこせ。下の娘のローザをつれてこい。わしの妻にする。それがいやなら、いますぐおまえの首をへしおってやる!」
 しかたがありません。
 お父さんは魔物に娘をつれてくると約束して、やっと家へ帰してもらいました。
 お父さんは家に帰ると、むかえにでたローザにバラをわたして、さめざめとなきました。
「おとうさま。どうなさったの? どんなにびんぼうになってもいいじゃありませんか。みんなでなかよくやっていけますわ」
と、ローザはお父さんをなぐさめました。
「ああ、ローザ。えらいことになってしまったんだよ。わたしの命よりも大切なおまえが・・・。そうだ、かわいいおまえをやるくらいなら、わたしの命をとられたほうがましだ」
 お父さんはなきながら、魔物とのやくそくをローザにはなしました。
「お父さん。なかないでください。わたしはお嫁にいくだけで、死ぬわけではないのでしょう。・・・それに、きっと神さまがまもってくださいますわ」
 あくる日、お父さんはローザをつれて、魔物のご殿へでかけました。
 ご殿では、二人ぶんの食事が用意してありました。
 お父さんは娘とわかれの食事をして、ションボリと帰っていきました。
 さて、一人のこされたローザは、いつ魔物がでてくるかと、ビクビクしながらご殿の中を見てまわりました。
 魔物のご殿ですが、どのへやもどのへやも美しくかざられており、若い娘のよろこびそうなものが、いっぱいありました。
 ご殿じゅうをさがしても、魔物はどこにもいませんでした。
 魔物だけでなく、めしつかいのすがたも見えません。
 けれどもどこかで見ているのか、ローザがしたいと思うことは、なんでもしてくれました。
 ローザは、どこからともなく聞こえてくる音楽を聞きながら、夕食をたべて美しいへやでねむりました。
 ローザが魔物にあったのは、つぎの日の朝でした。
 ローザは、世界じゅうの花を集めたような、すばらしい花だんをさんぽしていました。
 すると、ものすごい地ひびきがして、むこうからおそろしいすがたをした魔物が、わめきながらやってきたのです。
 ローザはこわくてこわくて、気が遠くなりそうでした。
 けれども魔物はローザに気がつくと、きゅうにしずかになって、ローザにやさしくいいました。
「こわがらないでおくれ。わしは、わるいものではない。どうか、このご殿でしあわせにくらしておくれ」
 そして魔物は、そっといいました。
「ローザ、わしにキスしてくれないか?」
 ローザは、まっさおになりました。
 どうして、こんなおそろしい魔物にキスができるでしよう。
 こわがるローザを見ると、魔物はかなしそうにいいました。
「いや、いいんだよ。いやならしかたがない。ビックリさせてすまなかった。・・・おまえが心からキスしてくれるまで、わしはいつまでもまっているよ」
 こうしてローザは、魔物のご殿でくらしはじめました。
 魔物は、ジバルといいました。
 ジバルにあうのは、まい朝、八時から九時のあいだだけでした。
 まい朝あって話をするうちに、だんだんジバルがこわくなくなりました。
 いいえ、それどころか、ジバルにあうのがまち遠しくなってきたのです。
 けれども、キスをする気持には、どうしてもなれません。
 いつのまにか、一年がすぎました。
 ローザは、家がこいしくなりました。
(お父さんたちは、どうしているかしら?)
 そう思うと、もうたまらなく、お父さんの顔が見たくなりました。
 ローザのねがいを、ジバルは聞いてくれました。
「そんなにあいたいのなら、いかせてあげよう。今夜はいつものようにねなさい。あしたの朝は、お父さんの家で目をさますだろう。そして帰るときは、ねる前にここに帰りたいと言えばいい。だが、あさっては、かならず帰ってきておくれ。でないと、おまえもわしも、とんでもないことになる。どうかそれだけは、わすれないでおくれ」
 あくる朝、目をさましたローザは、なつかしいお父さんの家にいました。
 お父さんは夢かとばかりよろこんで、ローザをだきしめます。
 ローザは魔物のご殿でのくらしをはなして、お父さんを安心させました。
「お父さん。心配しないでください。ほしいものはなんでももらえますし、ジバルは見たところはおそろしい魔物ですが、とてもやさしいのです。わたくしを、それはだいじにしてくれますの」
 二人のねえさんは、ローザのしあわせそうなようすを見て、しゃくにさわりました。
 魔物にひどい目にあわされていると思ったのに、ローザはまるでお姫さまのように、りっぱなきものをきて、ますます美しくかがやいているからです。
 ねえさんたちは、妹をふしあわせなめにあわせてやろうと思いました。
 妹がやくそくの時間に帰らないと、たいへんなことになるというと、いかにもかなしそうに、こういいました。
「たった一日で帰るなんて、じょうだんじゃないわ。まさか、そんな親不孝なことはしないでしょうね。お父さんと魔物とどっちがだいじなの? わたしたちだって悲しいわ」
 心のやさしいローザは、魔物とのやくそくが気になりましたが、つい一日、帰りをのばしてしまいました。
 つぎの日の夜、ローザはジバルの顔を思い浮かべて、
「あしたの朝、ジバルのところへ帰ります」
と、いいながら目をつぶりました。
 次の日の朝、ローザは魔物のご殿のしんだいの上で目をさましました。
 ローザは、すぐに庭にでました。
 でも、いつもの八時になっても、ジバルはあらわれません。
「ジバル、ジバル。ジバルはどこなの?」
 ローザは大声でよびながら、庭じゅうをさがしまわりました。
 すると、ジバルは庭のすみのしげみのかげに、死んだようにたおれていました。
 ローザの目から、どっとなみだがあふれでました。
「ああ、ジバル、ゆるして。わたしのだいじなジバル」
 ローザはなきながら、ジバルのそばにひざまずいて、キスをしました。
 するととつぜん、ジバルのみにくい魔物の皮がおちて、世にも美しい、りっぱな若者が立ちあがったのです。
 若者はローザを、しっかりとだきしめました。
 ジバルは遠くの国の王子で、もう七年のあいだ、魔法をかけられていたのです。
 そしてローザという名の娘に、心からキスをしてもらわなければ、もとのすがたにもどれなかったのです。
 ジバル王子とローザは、お父さんと二人のねえさんといっしょに、王子の国ヘもどりました。
 王子の魔法がとけたというしらせに、国じゅうの人びとが喜びました。
 ジバル王子と心のやさしいローザは結婚して、いつまでもしあわせにくらしました。

 このお話は、有名な『美女と野獣』の類話です。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診