頭がよくなる 世界のとんち話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界のとんち話 > 銀の鼻
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界のとんち話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


世界のとんち話 第10話

銀の鼻

銀の鼻
イタリアの昔話 → イタリアの国情報

 むかしむかし、イタリアのある町に、せんたく屋のおかみさんがいました。
 おかみさんには、三人の娘がいます。
 おかみさんと娘の四人は、毎日せっせとせんたく物を洗らってはたらいていましたが、くらしは少しもらくになりません。
「いっそのこと、悪魔(あくま)のところでもいいから、奉公(ほうこう→住み込みではたらくこと)にいこうかしら」
 ある日、一番上の娘がいいました。
「まあ、なんてことをいうんだい! そんなことをしたらどんなふこうな目にあうか、わからないのかい」
と、お母さんは娘をしかりました。
 それからしばらくしたある日、黒い服をきて、銀の鼻をした上品な紳士がやってきて、ていねいな言葉つきでいいました。
「おかみさん。おたくには娘さんが三人もいますね。そのうちの一人を、わたしの家に奉公におだしになりませんか?」
 お母さんは、その人が銀の鼻をしているのが気にいりませんでした。
 そこで、姉娘にいいました。
「ねえ、世の中には銀の鼻をしている人なんていないよ。きっと悪魔にちがいない。奉公にいったら、きっと後悔することになるよ」
 でも姉娘は、こんないい話はないと、銀の鼻の紳士の家に奉公にいくことにしました。
 こうして二人は、いくつもの山をこえ、森をとおりぬけて、長い道のりを歩いていきました。
 すると、はるか遠くのほうに、火事のようにボーッと明るくなっているところが見えました。
「あれは、なんですか?」
 姉娘は、すこしこわくなってききました。
「わたしの家だよ。さあ、いこう」
と、銀の鼻の人は答えました。
「・・・・・・」
 姉娘は、しぶしぶとついていきました。
 二人は、銀の鼻の大きな宮殿(きゅうでん)につきました。
 銀の鼻は、宮殿のへやからへやを案内して、そしてさいごのへやの前へくると、姉娘にカギをわたしていいました。
「ほかのへやはいつでも入っていいが、このへやだけは、どんなことがあっても開けてはいけないよ」
 その晩、娘がへやでねむっていると、銀の鼻はそっと入ってきて、娘のかみにバラの花をさして出て行きました。
 明くる日、銀の鼻は用事ででかけていきました。
 娘は、あのへやを開けてみたくてたまりません。
 そしてとうとう、ひみつのへやのとびらに、かぎをさしこんでしまいました。
 とびらを開けると、へやの中からまっ赤な炎がふき出して、中ではやけただれた人がおおぜい苦しんでいました。
 銀の鼻は、やっぱり悪魔だったのです。
 姉娘は、アッとさけんでにげだしましたが、そのときに、髪のバラの花がこげてしまいました。
 銀の鼻はかえってきて、バラの花がこげているのに気がつくと、
「よくも、いいつけにそむいたな!」
と、さけんで、娘を地獄のへやになげこんでしまいました。
 あくる日、銀の鼻はまた、せんたく屋のおかみさんのところへいきました。
「娘さんは、たいへんしあわせにはたらいています。でも、まだ人手がたりません。二番目の娘さんもよこしてください」
 それで二番目の娘も、奉公することになりました。
 宮殿につくと、銀の鼻はへやからへやを案内し、さいごのへやの前でカギをわたしていいました。
「このへやは、どんなことがあってもあけてはいけないよ」
 その晩、二番目の娘がねむっていると、銀の鼻はそっと入ってきて、髪の毛にカーネーションの花をさしました。
 あくる日、銀の鼻は用事ででかけました。
 娘は、あのへやをあけてみたくてたまりません。
 すぐに、ひみつのへやの前へいって、カギでとびらをあけました。
 すると、まっかな炎と黒い煙がふきだして、火のへやの中にねえさんの姿を見つけました。
「妹よ。たすけて、たすけて」
 ねえさんのさけび声をきくと、ビックリした妹は、あわててとびらをしめてにげだしました。
 やがてかえってきた銀の鼻は、娘のカーネーションが、こげてしおれているのに気がつきました。
「よくも、あのへやをあけたな!」
 悪魔は娘をつかまえると、地獄のへやの中へなげこんでしまいました。
 あくる日、銀の鼻はまた、せんたく屋の店にいって、一番りこうな末娘のルチーアをつれてきました、
 銀の鼻は宮殿のへやを案内してから、さいごのへやの前で、ねえさんたちにいったこととおなじことをいって、カギをわたしました。
 そして、ルチーアがねむっているとき、こんどは髪にジャスミンの花をさしました。
 あくる朝ルチーアは、鏡に顔をうつして、髪のジャスミンに気づきました。
「まあ、きれいな花。でも、これではじきにしぼんじゃうから、コップにさしておきましょう」
 そういって、花をコップにさしました。
 銀の鼻は、用事ででかけました。
 やはりルチーアも、あのへやをあけてみたくてたまりません。
 すぐにとんでいって、ひみつのへやのとびらをあけました。
 すると、
「ルチーア。たすけて、たすけて」
 火のへやの中から、かなしい姉たちの声がきこえました。
 ルチーアは自分のへやへにげかえると、ジャスミンの花を髪にさし、どうしてねえさんたちをたすけようかとかんがえました。
 銀の鼻がかえってみると、ジャスミンの花はそのままです。
「おまえは、いいつけをよく守るよい子だ。ずっといてくれるね」
「はい。でも、お母さんがどうしているか気がかりです」
「じゃあ、わたしがいって見てくるよ」
 ルチーアは銀の鼻がでかけると、いちばん上のねえさんを地獄のへやからたすけだして、袋の中にいれました。
 やがて、銀の鼻がかえりました。
「ご主人さま。これはせんたく物です。うちへとどけてください。重いですが、道のとちゅうであけて見てはいけません。わたしはここで見はっていますよ」
「いいとも。あけやしないよ」
と、いって、銀の鼻はでかけました。
 銀の鼻は袋があまり重いので、道のとちゅうで肩からおろして、中を見ようとしました。
 すると、
「見てるわよ。見てるわよ」
と、いう声がきこえました。
 ルチーアはねえさんに、もし袋があけられそうになったら、そういうようにいっておいたのです。
 銀の鼻はしかたなく、重い袋をかついでお母さんのところへとどけました。
 こうしてまもなく、二番目のねえさんもうちへかえることができました。
 そしてこんどは、ルチーアがにげるばんです。
 ルチーアは、自分そっくりの人形をつくりました。
「ご主人さま。わたしはからだのぐあいが悪くて、あしたはねているかもしれませんが、ベッドのわきのせんたく物をまたとどけてください」
 そういって、あくる日ルチーアは人形をベッドにねかせ、自分は袋の中にはいりました。
 銀の鼻は袋をかついででかけましたが、重くてたまりません。
 そこで袋をおろして、中を見ようとしました。
 すると中から、
「見てるわよ」
と、いう声がきこえてきました。
「あの子にはかなわん。まるで、そばで見ているようだ」
 銀の鼻はしかたなく、そのままかついでお母さんのところへとどけました。
「では、せんたく物はここへおくよ。わたしはルチーアが病気なので、いそいでかえらなくてはならんから」
と、銀の鼻はいそいでかえっていきました。
 親子四人は、手をとりあって喜びました。
 ルチーアは悪魔の家からお金をたくさん持ってきていたので、くらしがらくになったばかりか、戸口には魔よけの十字架を立てたので、悪魔はもうよりつきませんでした。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診