みんながドキドキ 世界の恋物語 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界の恋物語 > 騎士と水の精
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界の恋物語 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


世界の恋物語 第9話

騎士と水の精

騎士と水の精
ドイツの昔話 → ドイツの国情報

 むかしむかし、りっぱなお城に一人の騎士(きし)が住んでいました。
 騎士は剣で戦うのが強いだけでなく、誰にでも親切でやさしいので、村の人たちからとても愛されていました。
 ある朝のこと。
 騎士が教会へおいのりをしに出かけようと、ウマに乗って森の道へはいったときです。
 湖のそばの石に、緑色のドレスを着た女の人がすわっているのを見つけました。
 金色の髪をそよ風になびかせて、ほほえみながら小鳥たちのさえずりに耳をかたむけています。
 騎士は、あまりの美しさにウマをおりて、女の人に声をかけました。
「こんなさびしいところで、何をしているのですか?」
 女の人は騎士を見あげると、愛らしい笑顔を見せました。
「はい。あなたをお待ちしておりました。わたしは今までずっとあなたのそばにいて、いくさのときも剣のけいこをしているときも、あなたをお守りしてきました」
 騎士は、喜びで胸がいっぱいになりました。
「確かに、ぼくはこれまで何度となく危ない目にあってきました。でもそんなとき、いつも不思議な力で守られていると感じていました。これから先もぼくを守ってくれますか? あなたのように美しい人がいつでもそばにいてくれたら、もうぼくはこわいものなどありません」
 女の人は、やさしくうなずいて答えました。
「もちろんお守りいたします。けれど、一つだけお願いが。それは、私と結婚してほしいのです。もしほかの女の人と結婚したら、あなたは死んでしまいますが」
「ほかの女の人と結婚するなんて考えられない。今すぐにでも、あなたと結婚したいのに」
 騎士がそう言うと、女の人はうれしそうに笑って、湖の色のように深い緑色の指輪(ゆびわ)をとり出して、騎士の指にはめました。
「私に会いたくなったら、この指輪によびかけてください。でも、それはあなた一人きりのときにしてくださいね」
 騎士は約束すると、女の人と別れて教会へ一人でウマを走らせました。
 教会でおいのりをささげると、騎士はすぐに自分の城にもどりました。
 そして部屋にはいると、誰もはいって来ないようにカギをかけて、そっと指輪に言いました。
「ぼくの愛する人よ。姿を見せておくれ」
 するとたちまち、美しい女の人が姿をあらわしました。
 騎士と女の人は、二人だけの結婚式をあげました。
 その次の日から、騎士は剣のけいこのときも、遠く戦いに出かけるときも、けがひとつせずにすみました。
 それに、宿屋で一人になり指輪にむかってよびかけると、騎士の妻は上等のワインや焼きたてのパンを持って、姿をあらわしてくれました。
 森に迷いこんだときには、指輪に耳をあてると、
「そのまま、まっすぐ。そこを右にまがって」
と、道を教えてくれます。
 騎士は心から妻に感謝(かんしゃ)し、二人は誰にも知られないまま、仲良く楽しい月日を過ごしました。
 ある日のこと、王さまのたいかん式がありました。
 騎士はそのお祝いの席で、「剣の馬上試合を見せよ」と、お城によばれました。
 騎士がウマに乗って戦う姿はりりしく、王さまは一目で騎士を気に入り、こう言いました。
「そなたに奥方(おくがた→おくさん)がないのなら、ぜひ、わたしの姪(めい)と結婚してやってほしい」
「・・・・・・」
 騎士は、こまってしまいました。
 騎士には妖精(ようせい)の妻がいて、その妻との約束で、ほかの女の人と結婚したら死んでしまうからです。
 でも騎士として、王さまのたのみをことわることも出来ません。
 騎士は、知り合いの大臣に相談しました。
 すると大臣は、騎士に妖精とわかれるようにせまりました。
 それで騎士は、とうとう王さまの姪と結婚する決心(けっしん)をしました。
 そのとたん、騎士の指でパチンと緑色の指輪がわれて、床に落ちました。
 けれど、誰一人そのことには気がつきませんでした。
 騎士と王さまの姪との婚礼(こんれい)の日がやって来ました。
 大広間には、着かざった人が大勢集まり、二人の結婚をお祝いしました。
 すると、どこからふいて来たのか、大広間のまん中に風がふき、その風の中にうす緑色のドレスを着た騎士の妻が姿を見せました。
 頭には木の葉であんだかんむりをかぶり、裸足(はだし)の白い足にも、ツタかざりをつけています。
 妻は、静かに騎士の前を通り過ぎました。
 その顔はかなしみにあふれ、輝いていた緑色の瞳も暗くしずんでいました。
 それを見た騎士は、思わず立ちあがってさけびました。
「みなさん! 実はぼくには妻がいたのです。心も姿も美しい妻です。でも、ぼくはその愛する妻との約束を破り、その罰(ばつ)で今から死ななくてはなりません」
 妻はその言葉を聞くと、ニッコリほほえんで、スーッと姿を消しました。
 そのとたん、騎士はバタリとたおれて、そのまま死んでしまったのです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診