ひな祭り節句の昔話こどもの日 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


せっくのおはなし

 


福娘童話集 >節句特集 > ヨモギとショウブ

せっくのお話し 第 5 話

ヨモギとショウブ

ヨモギとショウブ
端午の節句の昔話

 むかしむかし、ある若い猟師が狩りに行くと、突然鬼が襲いかかって来ました。
「うまそうな人間だ。かくごしろよ」
 猟師はすぐに鉄砲を構えると、
 ズドーン!
 ズドーン!
と、鉄砲の玉を鬼に撃ち込んだのですが、鬼は撃たれても平気な顔をしています。
「わっははははは。そんな物が、このおれさまに通用するものか」
 猟師は鉄砲を放り投げると、一目散に逃げ出しました。
「待てー! 逃がさぬぞー!」
 鬼は猟師を追いかけましたが、猟師があわててヨモギの原っぱに逃げ込むと、鬼はそれを見て立ち止まりました。
「火じゃ、火が燃えておるぞ!」
 ヨモギの葉っぱが炎の形に似ていたので、鬼は勘違いをしたのです。

 何とか助かった猟師ですが、しかしいつまでもここに隠れているわけにはいきません。
 猟師はヨモギの原っぱから抜け出すと、そのまま一目散に逃げ出しましたが、でもすぐに見つかってしまい、鬼が再び追いかけて来ました。
「待てー! おとなしく食われろー!」
 そして鬼に捕まれそうになった時、猟師は菖蒲(しょうぶ)の茂みに飛び込んだのです。
 すると鬼は、またも立ち止まって、
「剣じゃ! 地面から剣が生えているぞ! しかし、あいつはなぜ平気なんじゃ?!」
と、菖蒲の茂みに近づいては来ませんでした。
 菖蒲の葉っぱが剣の形に似ていたので、鬼は勘違いをしたのです。
 そこで猟師が菖蒲の葉を持って茂みの外へ出て来ると、鬼は、
「剣が、剣が歩いてくるー!」
と、震えながら逃げて行きました。

 その日がちょうど五月五日だったので、今でも五月五日の端午(たんご)の節句(せっく)には、魔除けとしてヨモギと菖蒲を軒先に吊す様になったのです。

前のページへ戻る

せっくのお話し 6話
カエルの恩返し
食わず女房
人食い婆とおつなの頭
1日遅れのショウブ売り
ヨモギとショウブ
蛇婿(へびむこ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識