お通じを良くするお薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > お通じを良くするお薬童話

うたうがいこつ

うたうがいこつ

 むかしむかし、びんぼうなある村に、六べえ(ろくべえ)と、九べえ(きゅうべえ)というわかものがいました。
 ともだちどうしのふたりはある日、
「こんな村では、くらしがたたん。町へいってはたらこう」
と、村をあとにしました。
 それから三ねん。
 六べえはせっせとはたらいて、お金のたくわえもできましたが、九べえはあそんでばかりで、いつも一文なしです。
 そんなあるとき、九べえのおかあさんがびょうきだというしらせがありました。
 九べえが、六べえにわけをはなすと、
「おれは村にもどって百姓(ひゃくしょう→詳細)をする。いっしょにかえろう。おまえさんは、おっかさんのみまいにお金がいるだろうから、一両(七万円ほど)をかしてやろう」
 六べえが、さいふから小判をとりだしました。
 さいふにはまだ小判が、いくまいも入っています。
 九べえはそれを見ると、ニヤリとわらいました。
 あくる日、六べえと九べえは、いっしょに村へむかいました。
 そして、とちゅうのとうげにきたときです。
 九べえはいきなり、六べえを刀でさしころして、ふところのお金をうばいとり、なにくわぬかおで村にもどると、
「六ベえは酒ばかりのんでいて、すっかり人がかわってしまった。はずかしくて、村のみんなにあわせる顔がないらしい」
と、六べえのわるくちをいいふらしました。
 九べえは、おかあさんのかんぴょうをしながら、ブラブラとあそんでいましたが、そのうちに、おかあさんは死んでしまうし、お金もなくなって、もとの一文なしです。
 しかたなく、また町へいって、はたらくことにしました。
 九べえがとうげをこえていくと、どこからか、うたごえがきこえてきました。
♪ねがいかなって、めでたやめでた。
♪すえはつるかめ、五葉の松。
♪ほーいほい、ほーいほい。
 だれがうたっているのかと、よくみれば、なんと、木のえだにひっかかったしゃれこうべ(頭がいこつ)が、口をパクパクやっているのです。
「ほう。うたうがいこつとは、めずらしい。町でみせものにして、金もうけをしよう」
 九べえが、しゃれこうべをつかって、町でみせもの小屋のしょうばいをしたところ、すごいにんきです。
 びょうばんをきいた殿さまも、
「しゃれこうべのうたを、ぜひきいてみたい。九べえとやらを、しろによべ」
と、けらいにいいつけました。
 けらいの話をきいて、九べえはニンマリ。
「こいつは、うんがむいてきた。いったい、どんなほうびがもらえることやら」
 九べえは城へいくと、殿さまの前でしゃれこうべをとりだして、
「さあ、いつものうたを、きかせてくれよ」
と、いいましたが、しゃれこうべは口をむすんだきり、うんともすんともいいません。
「これ、どうした。お殿さまのまえだぞ」
 しゃれこうべは、いっこうにうたいません。
 殿さまはおこって、けらいにめいじました。
「その男をしばりあげて、くびをはねい!」
 すると、しゃれこうべが、はじめて口をひらいて、
「殿さま、ありがとうございます。じぶんは、九べえにころされた六べえです。むねんをはらそうと、この日をまっておりました」
と、いってから、ほれぼれするこえでうたいました。
♪ねがいかなって、めでたやめでた
♪すえはつるかめ、五葉の松
♪ほーいほい、ほーいほい

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識