ストレスをやわらげる お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > ストレスをやわらげる お薬童話

ものぐさ桃太郎

ものぐさ桃太郎
鳥取県の民話鳥取県情報

 むかしむかし、おじいさんとおばあさんと、そして桃太郎がくらしていました。
 天気のいい日には、おじいさんが山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくにいきますが、桃太郎は毎日遊んでばかりいるのです。
 そこである日、おじいさんが言いました。
「桃太郎や、お前も大きくなったんだから、小さい子どもみたいに遊んでばかりおらんと、少しは人の助けになることをしないといかんぞ」
「ああ、わかった。じゃあ、出かけてくる」
 桃太郎はそういうと、そのままどこかへ出かけていきました。
 夕方になり、おじいさんとおばあさんとが仕事から戻ってきても、桃太郎はまだ帰ってきません。
 実は桃太郎、何か仕事をしようと、めずらしく山へ出かけていったのですが、いままで一度も木を切ったことはないし、たきぎをひろうことも知りません。
 それで一日中、木の根っこをまくらにして寝ていたのです。
 目が覚めると、もう夕方でした。
 そして、その木の根っこにジャージャーとおしっこをして、根っこの土をやわらかくすると、その木をズボッと根っこごと引き抜いたのです。
 そしてその引き抜いた木をかつぐと、桃太郎は家へと帰っていきました。
「じいさん、ばあさん、いま、かえったよ。おら、今日は仕事をしたんだぞ」
と、いいながら桃太郎は、かついできた木を家の屋根にたてかけました。
 そして家に入ろうとしたとたん、たてかけた木の重みで、家がミシミシつぶれてしまったのです。
 かわいそうに、おじいさんもおばあさんも、つぶれた家の下じきになって死んでしまいました。
 桃太郎は、しばらくぼうぜんとしていましたが、やがて気を取り直すと、
「まあ、すんでしまった事は仕方ねえ。それより仕事をして疲れたから、もう寝るとするか」
と、そのままつぶれた家をまくらに、高いびきをかきながら寝てしまったそうです。
 なんなんでしょうね、このお話しは。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識