風邪の時に読む お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 風邪(かぜ)の時に読む お薬童話

どくろのお経

どくろのお経
和歌山県の民話和歌山県情報

 むかしむかし、紀伊の国(きいのくに→和歌山県)の山寺に、えらいお坊さんがいました。
 里の人たちは、このお坊さんを「紀伊菩薩(きいぼさつ)」とよんでいました。
 ある年の事。
 一人の若者がこの菩薩さまに、弟子入りを願い出ました。
 この弟子は大変よく働きますし、すこしでも時間があれば、いつもお経をよんでいました。
 そして何年もお経をよむうちに、このお坊さんの声はとても美しい声となって、里では評判でした。
 ある日、この若い坊さんは、師の菩薩にいいました。
「私はこれから諸国(しょこく)を行脚(あんぎゃ→各地を歩いて修行すること)して、仏の教えをひろめとうございます」
「それは感心な事じゃ」
 師の菩薩も、この若い弟子を心からほめて、寺から送り出したのです。
 さて、それから三年の月日がながれたころ、熊野の村に、船大工(ふなだいく→船作りの人)たちがやってきました。
 この人たちは木を切って船をつくろうと、山の中に小屋を建てて、そこで仕事を始めたのです。
 するとどこからともなく、お経を読む声が聞こえてきました。
 その声は、少しも休むことなく聞こえてくるのです。
「はてさて、なんと美しい、おごそかな声じゃろう」
「こんな山の中で、ああも一心にお経をよんでおられるとは、とてもすばらしいお方にちがいない」
「ぜひ、お目にかかりたいものじゃ」
と、みんなはおそなえものを持って、山の中をさがして歩きました。
 ところが一日中さがしても、その姿は見ることが出来ませんでした。
 ガッカリして小屋に帰って来ると、またどこからともなく、お経が聞こえてくるのです。
 船大工たちは、それから何度も山中を探しましたが、いっこうに姿を見つけることは出来ません。
 それから半年ほどたって、船大工たちは、また山ヘ入っていきました。
 すると前と同じように、お経を読む声が聞こえてくるのです。
「どうも、これは不思議なことじゃ」
「なにか、わけがあるにちがいない」
と、またみんなで、山の中をさがして歩きました。
 今度も声をたよりに歩きましたが、なかなか見つかりません。
「もしかしたら、川の流れの音が岩山にぶつかって、お経のように聞こえてくるのでは?」
「いや、あれはたしかに、お経をよまれるお坊さんの声にちがいない」
 なおも探していると、一行はけわしい岩山に出ました。
「おや? あれは、なんじゃ?」
 一人の男が指さした方を見てみると、谷底のしげみの間に、なにか白いものがあります。
 谷ヘおりてそばによってみると、なんとそれはガイコツでした。
 死んでから何年もたっているとみえて、もう、白い骨が残っているだけです。
 盗賊に身ぐるみはがれてここへすてられたのか、それとも、オオカミにでもおそわれたのか。
「ああ、気の毒な事じゃ」
と、みんなで手を合せると、なんとそのガイコツが、大きな声でお経をあげはじめたのです。
 船大工たちはビックリすると、あわててその場から逃げ帰りました。
 それから三年後、船大工の一人が山寺にたちよって、紀伊菩薩にこの話しをしました。
 すると菩薩は、しばらく考えていましたが、
「その仏さまをひきとって、手あつくほうむってあげたいのう」
と、さっそく熊野の山ヘ出かけたのです。
 そして菩薩が船大工の小屋のそばヘきた時、菩薩は首をかしげました。
「おお、確かに聞こえる。しかし、この声には聞き覚えが・・・。そうじゃ! この声はわしの寺におって修業の旅に出た、あの弟子の声にちがいない」
 菩薩は案内されて谷底へいってみると、そこにはガイコツはありませんでした。
 ただ、ドクロが一つ、ゴロンところがっています。
 そしてそのドクロの口の中から、あのお経が聞こえてくるのです。
 紀伊菩薩も一緒にお経をとなえながら、ドクロの口の中をのぞいてみました。
 すると不思議な事に、ドクロの口の中には舌(した)だけがくさらずにまだ残っていて、その舌が動いて、一心にお経をとなえていたという事です。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識