更年期障害をやわらげる お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 更年期障害をやわらげる お薬童話

三日月の滝

三日月の滝
大分県の民話大分県情報

 むかしむかし、京の都に、清原正高(きよはらまさたか)という横笛(よこぶえ)の名人がいました。
 そのうわさが帝(みかど)の耳に入り、宮中の宴(うたげ)の席で笛を吹くようになったのです。
 ある日の事、宮中勤めをするようになった正高(まさたか)が笛ならしをしていると、どこからともなく、その笛に合わせるように美しい琴(こと)の音(ね)が流れてきました。
 それは、小松女院(こまつにょいん)という姫のかなでる琴でした。
 その日から、宮中では笛と琴の音あわせが、毎日のように聞かれるようになったのです。
 それと、二人はおたがいに心を寄せ合う仲になったのです。
 ところが、これを知った帝は大変怒りました。
 笛吹きの正高と、帝と血のつながりのある姫とでは、身分が違い過ぎるというのです。
 正高は豊後の国(ぶんごのくに→大分県)へ、姫は因幡の国(いなばのくに→鳥取県)へと、離ればなれにされてしまいました。
 さて、それからいく年もたちましたが、どうしても正高のことが忘れられない姫は、ある夜、ひそかに豊後の国へと旅立ったのです。
 十一人の侍女(じじょ)とともに、けわしい山を越えて海を渡るその旅は、命をかけての旅でした。
 豊後の国の玖珠(くす)という所にたどり着いたのは、因幡の国を出てから百日余りもたった頃です。
 みんなは身も心も疲れ果てて、三日月の滝のほとりで休んでいました。
 するとそこへ、一人の年老いた木こりが通りかかりました。
 侍女の一人が、
「あのう、もし」
と、声をかけます。
「このあたりに、清原正高さまというお方が住んでいると聞いて参ったのですが」
「ああ、横笛の正高さまかね。正高さまなら、五、六年前からこの里に住んでおいでじゃが、今じゃ、里の主の兼久(かねひさ)さまの娘婿(むすめむこ)になってます」
「なっ、なんと・・・」
 これを聞いた姫や侍女たちは、言葉もなくたたずみました。
 生きる望みがたたれた姫は、よろよろと三日月の滝のふちに近寄ると、手を合わせて飛び込んだのです。
 そしてその後を追って、十一人の侍女たちも次々と身を投げてしまいました。
 年老いた木こりは、あまりの出来事に、息をのんで見つめているだけでした。
 この木こりから話しを聞かされた正高は、姫とその侍女たちの霊(れい)をなぐさめるために寺を建てました。
 そして心をこめて、横笛を吹いたのです。
 正高の建てたその寺は、正高寺(しょうこうじ)と呼ばれて、今も残っており、三日月の滝のほとりには、嵐山神社(あらしやまじんじゃ)が建てられて、正高の横笛が大切に保存されているという事です。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識