更年期障害をやわらげる お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 更年期障害をやわらげる お薬童話

大蛇と結婚した娘の話

大蛇と結婚した娘
島根県の民話島根県情報

 むかしむかし、ある大金持ちの家に、とても美しい娘がいました。
 娘は小さいころから、谷田池(たにだいけ)の名前を口にして、その池に行きたいといっていました。
 谷田池は、ここから歩いて何日もかかる所にある大きな池ですが、娘を一度もつれていったことなどないので、家の者たちは不思議に思っていました。
 さて、娘が十六才になった年の春の事です。
 娘は何度も父親にたのんで、やっと池へいくことをゆるしてもらいました。
 ですが、途中でなにかあったらたいへんと、父親は娘に何人ものお供をつけました。
 そして何日もかかって、やっと谷田池につきました。
 何年も心まちにしていたところです。
 娘は池のほとりにある小きな社(やしろ)の前で、しずかに手を合わせました。
 お祈りがすむと、娘は池の水で手を洗いたいといって、お供の者たちからはなれていきました。
 そしてそのまま、池の中へ入っていったのです。
 ビックリしたお供の者たちが、あわててひきもどそうとすると、娘はみるみるヘビの姿にかわって、水の中に消えてしまったのです。
 実は娘は、生まれてくる前の前世(ぜんせ)から、谷田池の底にすむオスのヘビに恋をしていたのです。
 それから何年かたった、ある年の五月の事です。
 谷田池の持ち主が、池を土でうめて田畑にしようとしました。
 そして、池の主の大蛇(だいじゃ)があばれて工事のじゃまをしないように、お坊さんに七日間のおいのりをお願いしました。
 すると七日目の夜、池にすむ夫婦の大蛇が、うろこを一枚、池のほとりに置いて、どこかへ姿を消していったという事です。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識