風邪の時に読む お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 風邪(かぜ)の時に読む お薬童話

ワニの贈り物

ワニの贈り物
フィリピンの昔話 → フィリピンの国情報

♪音声配信
download
音声 創作活動のサイト 『Web団 零点』

 むかしむかし、ある村に、とてもやさしくて子もり歌の上手なおばあさんがすんでいました。
 ある日おばあさんが川へいくと、ワニが声をかけてきました。
「おばあさん、頼みがあるんだよ。泣いてばかりいるうちの子を、うまく寝かしつけてもらえないかね?」
「それなら、まかしといて!」
 おばあさんはワニの背中にのって、むこう岸ヘわたりました。
 なるほど、しげみの中では子ワニが、わんわんと泣いています。
 おばあさんは、草をかき分けてかけよりました。
「よしよし、かわいい坊やね。安心おし。わたしが来たからもう大丈夫」
 おばあさんは子ワニの頭をなでて、さっそく子もり歌を歌いはじめました。
♪バユーバイ バユバイ。
♪子ワニちゃん。
♪おねむりなさい。
♪かわいい 子ワニちゃん。
 おばあさんの歌を聞くと、子ワニはピタリと泣きやみました。
 それから、
「フワーーッ。ムニャムニャ・・・」
と、大きなあくびをして、かわいい寝息(ねいき)をたてはじめました。
 でもおばあさんは、まだしばらく歌いつづけました。
 やがて子ワニが、本当にグッスリと眠ったのをたしかめて、立ち上がりました。
「さて、そろそろ帰るとしましょうか」
 すると親ワニが、魚のいっぱい入ったカゴを持ってきてくれました。
「ありがとう、おばあさん。お礼に、これを持って帰って」
「これは、ありがたいわ。わたしは魚が大好きなのよ」
 おばあさんは大喜びで、またワニの背中にのり、川をわたって帰りました。
 おばあさんが家へつくと、となりのおばあさんがやってきました。
「おや、おいしそうな魚だねえ。いったいどこで手に入れたの?」
「川で、ワニにもらったのよ」
 おばあさんは、これまでの事を全部はなしました。
「へえー、それじゃあ、わたしも行ってみよう」
 となりのおばあさんは川ヘいくと、ワニにむかっていいました。
「さあ、お前の子を寝かせに来てやったよ」
「いえ、子どもはよく眠っているから、けっこうですよ」
「ふん! 子どもなんて、じきに目を覚ますに決まってるよ。さあ、わたしを背中にのせて、つれておいき!」
 むりやりむこう岸へわたったおばあさんは、子ワニを見て顔をしかめました。
「うへー! なんてまあ、汚くて、くさいんだ!」
 そして、寝ていた子ワニを足でけとばしました。
 子ワニはビックリして、目を覚ますと泣きだしました。
「ほら、やっぱり泣いただろう」
 となりのおばあさんは、よこでハラハラしながら見ている親ワニにいいました。
「なにをグズグズしているんだい! はやく魚をとっておいでよ。そのあいだに、子どもを寝かしつけておくからさ」
 そして、となりのおばあさんは歌いはじめました。
♪バユーバイ バユバイ。
♪さっさとおねむり 汚い子。
♪はやくおねむり くさい子よ。
 子ワニは眠るどころか、ビービーと大泣きです。
 親ワニはおこって、カゴを差し出しながらいいました。
「これをやるから、もう帰っておくれ!」
 となりのおばあさんは、カゴを受け取るとニヤニヤわらいながら、
「そうかい。それなら、また川をわたしておくれ」
と、いって、またワニの背中にまたがって帰っていきました。
 家へつくと、まどや戸を全部しめました。
 大事なみやげ物を、だれにも見られたくなかったからです。
 そして、いよいよカゴをひらいたとたん、
「ギャーッ!」
 おばあさんは、悲鳴をあげてきぜつしました。
 カゴの中に大きなヘビが入っていて、シュルシュルと、おばあさんの体にまきついたからです。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識