風邪の時に読む お薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > 風邪(かぜ)の時に読む お薬童話

魔法のつえ

魔法のつえ
インドの昔話 → インドの国情報

 むかしむかし、六人ののんき者が旅に出ました。
 川のそばへやってくると、雨あがりでふえた水が、ごうごうとながれています。
「こりゃあ、へたにわたったら、水にのみこまれてしまうぞ」
 みんなはきしにたちどまって、どうしようかとなやんでいました。
 すると村の人がきて、あさいところをさっさとわたっていきましたので、みんなもまねをして、そこからわたっていきました。
 そして、むこうのきしへつくと、
「どうだい、みんなちゃんとわたったかい?」
と、おたがいに人数をかぞえてみました。
 ところが、六人いたはずなのに、いつのまにか五人になっています。
「おい、一人たりないぞ」
 それというのも、みんなじぶんを数にいれないでかぞえるので、なんどやっても五人になってしまうのです。
 でもだれも、そのことに気がつきません。
「ああ、なかまを一人なくしてしまった」
と、みんなはかなしがってなきだしました。
 するとそこへ、一人の男がとおりかかって、
「みなさんは、なぜ、そんなにないているのですか?」
と、たずねました。
 みんなが、なかまを一人なくしてしまったことをはなしますと、その男は、一人たりない理由がすぐにわかりました。
 でも、みんなをからかってみたくなって、わざとむずかしい顔をしていいました。
「じつは、わたし魔法使いなのです。もしみなさんがおれいをくださるなら、その人をとりもどしてさしあげましょう」
「おねがいします。おれいに、銀貨を五十まいあげましょう」
と、みんなはやくそくしました。
 するとその男は、じぶんがもっているつえをふりあげると、
「これは、魔法のつえです」
と、いって、みんなの背中をじゅんじゅんにたたいていきながら、
「一人、二人、三人、四人、五人、・・・そして、六人」
と、かぞえていきました。
「ほら、六人になったでしょう」
 魔法使いはとくいそうに、みんなを見わたしながらそういいました。
 みんなはいなくなったなかまを、この人がとりかえしてくれたのだと思って大よろこびです。
「おかげさまで、なかまがたすかりました」
と、なんどもおれいをいいました。

おしまい

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識