夏の怖い話し特集 今日の昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     8月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
パンツの日
きょうの誕生花
のこぎりそう
きょうの誕生日・出来事
1941年 ポール牧(僧侶)
  8月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
鬼の住むほら穴
きょうの世界昔話
サルとボウシ屋
きょうの日本民話
ウマをすくった鵜
きょうのイソップ童話
神さまの像を売る男
きょうの江戸小話
夕立屋
広告
 


福娘童話集 > きょうの新作昔話 >タヌキつき

2010年 8月2日の新作昔話

タヌキつき

タヌキつき
京都府の民話 → 京都府の情報

 むかしむかし ある山里に、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
 ある日、おじいさんが病気になったので、その日はおばあさんが山へしばかりに行きました。
 すると山道に、何か黒い物が転がっています。
「おや? あれはなんじゃろう?」
 おばあさんが近づいてみると、それは黒く干からびたタヌキのミイラでした。
 今年の冬は寒さが厳しかったので、エサを探している途中で死んでしまったのです。
「まあまあ、可哀想に」
 おばあさんはそのタヌキのミイラを抱いて山を下りると、そのタヌキのミイラを海に流してやりました。
 さて、そのあとおばあさんは家に帰ったのですが、何だかいつもと様子が違います。
 気になったおじいさんが、おばあさんに話しかけますが、おばあさんは返事もせずに、家にある食べ物を次から次へと手づかみで食べていくのです。
 そこでおじいさんは、友だちの和尚さんのところへ相談に行きました。
「和尚さま、ばあさんが、ばあさんが変なのです」
 そこで和尚さんがおじいさんの家に行ってみると、確かにおばあさんの様子が変です。
 まるで、キツネかタヌキの様に、四つんばいで食べ物をバリバリと食べているのです。
 そこで和尚さんは数珠をすり合わせながら、念仏を唱えました。
 するとおばあさんの影が、タヌキの影に変わったのです。
「やはり、タヌキが憑いておったか」
 和尚さんはおじいさんと力を合わせておばあさんを柱に縛り付けると、近所から借りてきた犬をしばられたおばあさんにけしかけたのです。
「うぅーっ、わんわんわん!」
 すると犬に吠えられてびっくりしたおばあさんは、ころりと気絶してしまいました。
 そして気絶したおばあさんから、黒いタヌキの影が出て来たのです。
 和尚さんがその影に念仏を唱えると、その影は消えてなくなりました。
「よし、これで大丈夫」
 その後、正気を取り戻したおばあさんから、タヌキのミイラを海に流した事を聞いた和尚さんは、
「無念に死んだ動物を海に流しても、成仏できずに舞い戻ってくる。時には、さっきの様に人に取り憑くことがある。もし動物のミイラを見つけたら、そこに穴を掘って埋めてやりなさい。そして、運悪く動物に取り憑かれてしまったら、犬をけしかけてやると良い。取り憑いた動物は犬を怖がって、逃げてしまうからな」
と、教えてくれたそうです。

おしまい

ページを戻る

きょうの新作昔話メニュー
福娘童話集
きょうの新作昔話
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識