福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 8月の江戸小話 > 夕立屋

8月2日の小話

夕立屋

夕立屋

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

♪音声配信(html5)
朗読 : 琵琶  運営サイト : 琵琶(びわ)

 ある道具屋の主人が、ぶつぶつ言いながら店先のほこりをたたいていました。
「毎日毎日、こう日照り(ひでり→雨が何日もふらないこと)が続いては、風の吹くたびに大事な売り物にほこりがかかってかなわんわ」
 するとちょうどそこヘ、水売りがやって来ました。
「夕立(ゆうだち→夕方、急に曇って来て激しく降る大粒の雨)ー。夕立ー」
 これはちょうどよいと、主人は水売りを呼び止めました。
「おい、夕立屋」
「へえ、これはご主人。いつもごひいき、ありがとうございます」
「そっちのかどから、こっちのかどまで、たっぷりと降らせてくれ。いくらだ?」
「えーと。それなら五十文(→千五百円ほど)に、おまけいたします」
「そうか。まけろとはいわんから、たっぷり降らせてくれ」
「へえ、かしこまりました」
 その時、娘が出てきて言いました。
「わたしにも、三文(九十円ほど)ほどくださいな」
「へえ、おじょうさま。しかし三文ばかりの夕立。なんになされます」
 すると娘は、きれいに花を咲かせた小さな鉢(はち)をさし出して言いました。
「この桜草(さくらそう→多年草のかわいい植物)にやります」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     8月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
パンツの日
きょうの誕生花
鋸草(のこぎりそう)
きょうの誕生日・出来事
1973年 友近 (芸人)
恋の誕生日占い
動植物を愛する、心優しい女の子
なぞなぞ小学校
雨の日に田んぼへ行くと、何が起きる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
助産師
恋の魔法とおまじない 215
恋人とライバルを別れさせるおまじない
  8月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
涼み袋
きょうの世界昔話
サルとボウシ屋
きょうの日本民話
ウマを救った鵜(う)
きょうのイソップ童話
神さまの像を売る男
きょうの江戸小話
夕立屋
きょうの百物語
お化け車
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識