夏の怖い話し特集 今日の昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     8月 4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
箸の日
きょうの誕生花
トリトマ
きょうの誕生日・出来事
1949年 高岡健二(俳優)
  8月 4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
うたうがいこつ
きょうの世界昔話
ハチミツの好きなキツネ
きょうの日本民話
魔法使いの文王
きょうのイソップ童話
セミとアリ
きょうの江戸小話
昼間のゆうれい
広告
 


福娘童話集 > きょうの新作昔話 > 幽霊の道案内

2010年 8月4日の新作昔話

幽霊の道案内

幽霊の道案内
東京都の民話東京都情報

 むかし、江戸の町のある浪人が、川べりで釣りをしていて、男がおぼれ死んでいるのを見つけました。
 見れば、はおりはかま姿の、れっきとした侍です。
 浪人は、死んだ侍を岸に引っ張りあげると、
「お気の毒に、足を滑らせて川に落ちられたのか。せめてものなぐさめを、させていただきましょう」
と、腰につけてきた、ひょうたんの酒入れをはずして、なきがらの口に酒をふくませてやりました。
 それから、むしろを集めてきて、亡きがらにかけてやると、ねんごろに手をあわせました。
 さて、それから数日後、浪人が町を歩いていくと、前からやってきた一人の侍が頭を下げてきて、
「この間は、ありがとうございました。お礼をさせていただきたいので、どうかわたしの家までおいでください。ささっ、道案内をいたします」
と、先にたって、歩き出しました。
(はて、どこのだれだったかな?)
 浪人は、その侍に見覚えがありませんが、悪い人ではなさそうなので、そのままついていきました。
 侍は門がまえの立派なお屋敷に、浪人をさそい入れると、
「こちらで、しばらくお待ちください」
と、座敷から、すうーっと出ていきました。
 やがて屋敷の台所からは、ごちそうのいいにおいがしてきて、家の人たちの話し声も聞こえてきました。
 そのうちにふすまが開いて家の人が現れたのですが、浪人を見ると、とてもびっくりした様子でたずねました。
「あの、あなたは、どこのどなたでしょうか? また、どこから屋敷に入られたのでしょうか?」
「えっ? はっ、はい。実はこのお屋敷の主人とおぼしい方にさそわれて、ついてまいったのです」
 浪人がわけをはなすと、屋敷の主人は十日ほど前に出かけたきりで、行方がわからないというのです。
 それでもう死んだものとあきらめて、今日は坊さんをよんで、これからお経をあげてもらうところだったのです。
「では、あの時の亡きがらが、こちらの主人か。おそらく、わが身が野ざらしのままになっていることを、皆さまにお知らせたくて、わたしをこの家に連れてきたのでしょうな。さあ、いますぐ、亡きがらのある川岸へ案内しましょう」
 浪人が屋敷の人たちと川岸へ行くと、亡きがらは、そのままになっていました。
 調べてみると、やはりあの家の主人だとわかりました。
 浪人のおかげで、主人の葬式を出すことが出来た屋敷の人たちは、
「これをご縁に、末永いおつきあいのほど、お願いいたします」
と、お礼を差し出しました。
 浪人はこれをありがたくいただいて、帰って行ったということです。

おしまい

ページを戻る

きょうの新作昔話メニュー
福娘童話集
きょうの新作昔話
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識