福娘童話集 > 新作の紹介 福娘童話集 きょうの新作昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの新作昔話 >絵姿女房

2021年10月25日の新作昔話

絵すがたよめさん

絵姿女房
鳥取県の民話 → 鳥取県の情報

ささずんと昔話講座 第16話【絵姿女房】

読者の「NS.MOOOON」さんの投稿作品。

知っているようで知らない日本昔話を、ゆっくりの解説でずんちゃんとささらちゃんが学んでいく動画です。

♪音声配信(html5)
音声 ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、働き者の若者がお嫁さんをもらいました。
 とってもとっても、きれいなお嫁さんです。
 若者はうれしくてうれしくて、毎日お嫁さんの顔をながめてばかりで仕事をしません。
 こまったお嫁さんは自分の顔を絵師にえいてもらい、その絵を渡して言いました。
「あなた。これからはこの絵を見ながら、仕事をして下さいな」
 その日から若者は田んぼのそばの木にその絵をはり付けて、毎日せっせと働きました。

 そんなある日の事、ヒューと風が吹いてきて大切なお嫁さんの絵が飛んでいってしまいました。
 その絵はヒラヒラ飛んで、お城の殿さまの庭に落ちました。
 そしてその絵を見た殿さまは、ビックリです。
「・・・なんと、なんとうつくしい。すぐにこの女の人を探して、ここに連れてくるんくだ」
 間もなく若者の家に殿さまの家来がやってきて、お嫁さんを無理矢理(むりやり)お城へ連れて行きました。
 その時、お嫁さんは急いで若者に言いました。
「あなた。アメ屋になって、お城に来て下さい」

 さて、お城に行ってからのお嫁さんは、毎日泣いてばかりです。
「おいおい、泣くな。めずらしい菓子をやろう」
「エーン、エーン・・・」
「それでは、これはどうだ? 百両はするにしきだぞ」
「エーン、エーン・・・」
 殿さまは、ほとほと困ってしまいました。
 するとそこへ、若者がアメ屋になって歌を歌いながらやってきました。
♪トントコ、トントコ。
♪アメ屋でござる。
♪トントコ、トントコ。
♪アメ屋でござる。
 これを聞いたお嫁さんは
「オホホホホホッ」
と、うれしそうに笑いました。
「そうか、お前はアメ屋の歌が好きなのか。それならわしが、歌ってやろう」
 殿さまはアメ屋を呼ぶと、着ている着物を取り替えさせました。
 そしてアメ屋のかっこうをした殿さまは、身振り手振りで歌います。
♪トントコ、トントコ。
♪アメ屋でござる。
♪トントコ、トントコ。
♪アメ屋でござる。
 その時、家来がやってきました。
「こら、アメ屋は城に入ってはいかん。すぐに出ていけ!」
 こうして殿さまはお城の外に追い出されてしまい、二度と戻ってこれませんでした。
 そして殿さまになった若者とお嫁さんは、お城で幸せに暮らしたのです。

おしまい

→ よく似たお話 竜宮女房

前のページへ戻る

新作の紹介メニュー

福娘童話集

新作の紹介
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト さくら
職業紹介・誕生日占い・おまじないなど
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識